Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LINE装うフィッシング - 入力時間を指定「毎日9時から20時まで」

「LINE」を装うフィッシング攻撃が、前月に続き、11月も確認された。「異常ログインがあった」などとメールで不安を煽り、偽サイトに誘導している。

20161130_ap_001.jpg
確認されたフィッシングメール(画像:フィ対協)

今回確認されたフィッシングメールは、「LINE-安全認証」との件名で送信されているもので、異常なログインが発生したことを警告する内容。ウェブサイトで検証を促すように見せかけ、メール本文のリンクから偽サイトへ誘導、パスワードをだまし取る。

問題のメールには、誘導先のサイトに関して「安全認証有効期限は毎日9時から20時まで」と記載されており、攻撃者にとって情報をだまし取る上で都合が良い時間を指定しているようだ。また「ウェブページで検証してお願いします」など、不自然な日本語も含まれる。

誘導先のフィッシングサイトは、11月30日の時点で稼働が確認されており、フィッシング対策協議会では、サイトの閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼した。

10月31日にもLINEを装うフィッシングが確認されており、同協会では、類似したフィッシングサイトも含め、注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽ソフトバンクによる「緊急のご連絡」に注意 - 「Apple IDが不正利用」と不安煽るフィッシング
「MUFGカード」のフィッシングサイトが大量発生 - 「三菱UFJニコス銀行」名乗り送信
「Apple」ユーザー狙うフィッシング - 「静岡からアクセスあった」と不安煽り、あらゆる情報を詐取
アンケート回答で「iPhone Xプレゼント」とだます「偽日本郵便」に注意を
クレカ番号詐取による被害が増加、JC3が注意呼びかけ
「MUFGカード」をかたるフィッシング - 15種類の異なるトップレベルドメインで偽サイトを配信
悪質な「注文確認メール」を送りつける偽楽天に注意を - 情報盗む上にマルウェア感染
「Officeのプロダクトキーで不審な動き」と不安を煽るフィッシング
セゾンカード利用者狙うフィッシング - 「不正行為の防止・抑制」のためとだます
「アカウントの資金を凍結」 - 仮想通貨取引所「bitbank」かたるフィッシング