Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LINE装うフィッシング – 入力時間を指定「毎日9時から20時まで」

「LINE」を装うフィッシング攻撃が、前月に続き、11月も確認された。「異常ログインがあった」などとメールで不安を煽り、偽サイトに誘導している。

20161130_ap_001.jpg
確認されたフィッシングメール(画像:フィ対協)

今回確認されたフィッシングメールは、「LINE-安全認証」との件名で送信されているもので、異常なログインが発生したことを警告する内容。ウェブサイトで検証を促すように見せかけ、メール本文のリンクから偽サイトへ誘導、パスワードをだまし取る。

問題のメールには、誘導先のサイトに関して「安全認証有効期限は毎日9時から20時まで」と記載されており、攻撃者にとって情報をだまし取る上で都合が良い時間を指定しているようだ。また「ウェブページで検証してお願いします」など、不自然な日本語も含まれる。

誘導先のフィッシングサイトは、11月30日の時点で稼働が確認されており、フィッシング対策協議会では、サイトの閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼した。

10月31日にもLINEを装うフィッシングが確認されており、同協会では、類似したフィッシングサイトも含め、注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「24時間以内に対応しないとアカウント無効」 - 不安煽る偽Apple
セゾンカード利用者だますフィッシング攻撃 - 「不正アクセスを確認」と不安煽る
「7日以内に更新しないと永久に削除」と脅す偽Amazonのメールに注意
先週のAppleに続きMSのフィッシング攻撃が発生中
Apple装うフィッシング再び - 偽サイトはいずれもHTTPS対応
「セキュリティ質問」まで奪う「偽Apple」 - 1週間で2500件超の偽メールを観測
Apple装うフィッシング攻撃 - 偽請求書で誘導中
「応答ない場合はアカウントをロック」、偽Amazonのフィッシングに注意
「アカウントの更新が必要」とだます偽Amazonにご用心
2要素認証のコードも窃取するフィッシング - SMSをきっかけに