Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

化粧品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性

化粧品販売を手がけるサンナチュラルズのオンラインショップが不正アクセスを受け、クレジットカード情報など顧客の個人情報が流出した可能性があることがわかった。

2014年4月1日から2016年7月21日までに、同社のオンラインショップを利用した顧客のクレジットカード情報6159件が流出した可能性があることが判明したもの。名義や番号、有効期限といったクレジットカード情報のほか、住所や電話番号、メールアドレスなども含まれる。

同社によれば、7月20日、決済代行会社からカードの不正利用に関する報告を受け、問題が発覚。専門機関の調査により、同サイトのウェブアプリケーションに脆弱性が存在し、6月15日にバックドアが設置され、サーバ内に保存されていたデータが漏洩した可能性がある。

同社では、2014年4月にサイトを構築した際、カード情報を保有しないモジュール型サービスを採用したが、データベースサーバに暗号化されたクレジットカード番号など、カード会員に関する情報が保存されていたという。

同社では、所管する官庁に事態を報告。対象となる顧客には、クレジットカードの不正利用がないか確認するよう呼びかけている。また脆弱性を修正し、今後は「PCIDSS」への準拠に取り組むという。

(Security NEXT - 2016/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
福島信金でサイト改ざん、マルウェアやサポート詐欺に誘導
カード会員向けサイトにPWリスト攻撃、アカウント945件がログイン許す - アプラス
排卵検査薬の通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性
アサヒ軽金属のネットショップに不正アクセス - 最大7.7万件のクレカ情報が流出か
不正プログラムが設置、カード情報が外部流出 - 衣料品通販サイト
ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
東急ホテルズやイシン・ホテルズなども流出被害を公表
宿泊予約サイトの情報流出、原因はバックドア - 施設にGDPRの通知支援なども
ホテル事業者による個人情報流出の発表相次ぐ