Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウドセキュリティ市場、引き続き20%強の高成長を維持 - IDC予測

IDC Japanは、国内におけるクラウドセキュリティ製品の市場動向を取りまとめた。20%強の高い成長率を維持し、2020年の市場規模を193億円と予測している。

20161116__ij_001.jpg
各分野ごとの売上予測(グラフ:IDC Japan)

同社では、クラウド型のシングルサインオンやセキュリティゲートウェイ、そのほかパブリッククラウド環境におけるセキュリティ対策製品について「クラウドセキュリティ市場」と定義。同市場の実績や、今後の成長予測などを取りまとめた。

2015年度の市場規模は、前年度比19.1%増となる66億円。今後さらなる成長が期待できるとしており、2020年までの年間平均成長率を23.8%と予測。2020年の市場規模は、現在の3倍弱となる193億円を見込んでいるという。

(Security NEXT - 2016/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年1Q、フィッシングサイトへ誘導されたユーザーが2割増
週明け始業前までに国内で「WannaCrypt」1万3645件を検出 - トレンドまとめ
2016年のDLP市場は56億円 - プラス成長確保も伸び悩み
総務省、クラウドサービスの安全性に関する情報開示指針を改定
トレンドマイクロ、MSSとの協業強化 - IoT分野に注力
7割以上がパブリッククラウドを信頼、63%が顧客情報を保存
ノキアとNTT、エッジコンピューティングを活用した顔認証の実証実験
【特別企画】スマホの先にあるIoTやAI時代のセキュリティ - 都内でシンポジウム
IIJ子会社、EUデータ保護規則視野に「BCR」の承認取得目指す
IDCFとビットフォレスト、クラウドと脆弱性検査サービスを連携