Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウドセキュリティ市場、引き続き20%強の高成長を維持 - IDC予測

IDC Japanは、国内におけるクラウドセキュリティ製品の市場動向を取りまとめた。20%強の高い成長率を維持し、2020年の市場規模を193億円と予測している。

20161116__ij_001.jpg
各分野ごとの売上予測(グラフ:IDC Japan)

同社では、クラウド型のシングルサインオンやセキュリティゲートウェイ、そのほかパブリッククラウド環境におけるセキュリティ対策製品について「クラウドセキュリティ市場」と定義。同市場の実績や、今後の成長予測などを取りまとめた。

2015年度の市場規模は、前年度比19.1%増となる66億円。今後さらなる成長が期待できるとしており、2020年までの年間平均成長率を23.8%と予測。2020年の市場規模は、現在の3倍弱となる193億円を見込んでいるという。

(Security NEXT - 2016/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IoTセキュリティにおけるブロックチェーン活用で解説資料 - CSAジャパン
クラウド利用のセキュリティポリシー、策定するも遵守に不安の声
ESET、日本法人をキヤノンITSと設立 - 2019年にはEDRやサンドボックスなど投入
ホスティングサービス上のWAF検知、約34%が「WordPress」狙い - SQLi攻撃目立つ
JETRO、海外展開支援事業で49社を採択 - セキュリティ分野から2社
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ
「クラウドサービス提供における情報セキュリティ対策ガイドライン」の第2版が決定
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
「標的型攻撃」の相談、半年で158件 - 前期比4割減