Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウドセキュリティ市場、引き続き20%強の高成長を維持 - IDC予測

IDC Japanは、国内におけるクラウドセキュリティ製品の市場動向を取りまとめた。20%強の高い成長率を維持し、2020年の市場規模を193億円と予測している。

20161116__ij_001.jpg
各分野ごとの売上予測(グラフ:IDC Japan)

同社では、クラウド型のシングルサインオンやセキュリティゲートウェイ、そのほかパブリッククラウド環境におけるセキュリティ対策製品について「クラウドセキュリティ市場」と定義。同市場の実績や、今後の成長予測などを取りまとめた。

2015年度の市場規模は、前年度比19.1%増となる66億円。今後さらなる成長が期待できるとしており、2020年までの年間平均成長率を23.8%と予測。2020年の市場規模は、現在の3倍弱となる193億円を見込んでいるという。

(Security NEXT - 2016/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ドイツ政府が懸念する産業用制御システムの10大脅威とは
2019年の国内セキュソフト市場は2638億円 - SaaSが大きく成長
Accenture、BroadcomからSymantecのセキュリティサービス事業を買収
SECCON 2019、国内チームが優勝 - クラウド化など運用環境も進化
「7pay不正アクセス事件」は約6割が認知 - 「スミッシング」は3割届かず
デンソーとNTTコム、コネクテッドカーの脅威検知解析で技術検証
政府「クラウド安全性評価」の取りまとめ案で意見募集
標的型攻撃相談、2019年度上半期は221件 - 80件でレスキュー支援
2019年3Qのセキュリティ相談、1年ぶりに3000件以下に
クラウド設定ミス対策のCloud Conformityを買収 - トレンド