Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスで会員情報流出の可能性 – 椿本チエイン

機械メーカーの椿本チエインは、ウェブサイトが不正アクセスを受け、サイトに会員登録している顧客の個人情報が流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、同社製品のカタログ情報などを提供する技術情報サイト「TT-net」が不正アクセスを受けたもの。11月10日に社内で調査を実施したところ、9日に海外からの不正アクセスがあり、同サイトの会員情報の一部が流出していることが判明した。

同サイトへ登録していた会員6万4742人分の氏名、メールアドレス、アカウント名、パスワードなどが流出した可能性がある。

同社では対象となる会員に対し、メールで謝罪するとともに、パスワードの再設定を依頼。また不正アクセス判明後、同社では一時サイトを停止し、システムの改修を進めていたが、14日より、安全性を確認したとするサービスから順次提供を再開している。

(Security NEXT - 2016/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米信用機関で個人情報1.4億件が流出 - 便乗フィッシング攻撃に懸念
茶類の通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 「Magento」の脆弱性突かれる
ECサイトのASPサービスに不正アクセス - 複数サイト顧客のクレカ情報が流出
不正アクセス被害の「B.LEAGUE」、4カ月ぶりにクレカ決済を再開
マネースクウェア・ジャパン、顧客情報約11万件の流出を確認
庁内システムへの不正アクセスなどで職員を処分 - 新潟県
関東財務局、顧客情報流出でM2Jに行政処分 - 新規口座開設を当面停止
M2J、顧客情報約2500件の流出が判明 - 1年前にも顧客情報約11万件が不正アクセスを受けた可能性
ソフバンテク、内部でマルウェア感染を確認 - 取引先情報含むサーバへ不正アクセス
投資情報サイトに不正アクセス、クレカ情報が流出か - 公表中止で混乱も