Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、「Apache Struts 2」に関する脆弱性のまとめページ

情報処理推進機構(IPA)は、ウェブアプリケーションのフレームワークである「Apache Struts 2」の脆弱性情報を一覧表にまとめ、同機構のウェブサイトで公開した。

20161114_ip_001.jpg
Apache Struts2 の脆弱性対策情報一覧(表:IPA)

国内において、ウェブサイトの構築で同ソフトが広く利用されていることから、ウェブサイトの構築や保守運用を行う事業者などを想定利用者として、脆弱性に関する情報を一覧にまとめたもの。サポートがすでに終了している「Apache Struts 1」に関しては対象外。

外部へ公開しているウェブサイトの性質上、脆弱性が大きな影響を及ぼすおそれもあり、修正パッチの早急な適用などが求められる場合があるとし、Apache Software Foundationの公表情報をもとに同機構が作成。影響を受けるバージョン、同機構で把握している攻撃コードの有無、悪用状況などを確認できる。

同機構では、同ページの配信を通じて脆弱性の認知向上を図り、必要に応じてアップデートを実施するよう利用者へ広く呼びかけていく。また「Apache Struts 2」のライブラリに関する脆弱性も影響を及ぼす可能性があるとし、使用するライブラリを把握し、脆弱性情報のポータルサイトであるJVNなどを利用し、脆弱性情報を確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/11/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Struts 2」脆弱性、公開2日後には攻撃発生 - 攻撃者は1週間前から別の攻撃も展開
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
「Struts 2」脆弱性を狙う攻撃キャンペーン「Bleeding Thunder」 - 国内企業のサイト含む標的リストも
脆弱な「Struts 2」サイトの探索行為 - ロシアの攻撃グループが関与か
IoTボット、感染対象を「Apache Struts 2」やセキュリティ製品にも拡大
CiscoやOracle、「Struts 2」脆弱性の影響受ける製品をアナウンス
対「Struts 2」の脆弱性攻撃が発生、目的はマイニング - さらなる悪用増加に要警戒
「Apache Struts 2」脆弱性に実証コード - 地下フォーラムでも不穏な動き
「Apache ActiveMQ」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
「Apache Struts 2」に深刻な脆弱性 - 悪用容易で攻撃ツールなど出回るおそれも