Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「パズドラ」チートツール、製作者を逮捕 - ガンホーが声明

オンラインゲーム「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」の不正改ざんツールを製作、販売したとして、神奈川県警は11月10日に組織犯罪処罰法違反容疑で3人を逮捕した。

同事件は、ゲームデータを不正に改ざんできるいわゆる「チートツール」を製作、販売し、ゲーム運営会社の業務を妨害したとして、組織犯罪処罰法の偽計業務妨害の疑いで容疑者3人が逮捕されたもの。同ツールに関しては、2016年6月に利用者が書類送検されている。

同社では今回の逮捕を受け、声明を発表。不正ツールは製作や販売だけでなく、ゲームで使用した場合も罪に問われる可能性があると指摘。あらためて使用しないよう呼びかけた。

また同社でも、不正ツールを使用したり、ほかのプレイヤーに広めたりする行為について常時監視を行っており、発見次第ゲームアカウントの停止など、断固たる措置を取ると説明。

引き続き、不正ツール対策を推進するとし、ユーザーが不正ツールの使用など利用規約に違反する行為を見かけた場合は、運営チームに報告してほしいとアナウンスしている。

(Security NEXT - 2016/11/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
不正アプリ38種がGoogle Playで流通 - 広告目的か
【特別企画】スマート家電のセキュリティ実情と課題、専門家が講演
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
ルータ改ざんで誘導された不正アプリ、狙いは「韓国」か - 2要素認証コードを詐取する機能も
「Minecraft」の脆弱性狙う破壊型マルウェア - 5万アカウント以上で被害か
不正アクセスはVPN経由、社内チャットで情報収集か - マイネット報告
ルータのDNS改ざん攻撃、狙いはアジア圏? - 誘導元は韓国が最多
スマホゲームのプレゼント企画でメール誤送信