Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS月例パッチがリリース、脆弱性37件を解消 - 脆弱性4件がすでに悪用

日本マイクロソフトは、10月の月例セキュリティ更新を公開し、10件の問題に対処した。重複を除き、あわせて37件の脆弱性が修正されたが、そのうち4件の脆弱性において、すでに悪用が確認されている。

20161012_ms_001.jpg
10月の月例更新で10件の問題へ対処。半数ですでに悪用が発生している(表:MS)

今回の修正で最大深刻度が「緊急」とされる更新は、「Adobe Flash Player」の脆弱性「APSB16-32」へ対応した「MS16-127」を含む5件。このうち3件において、すでに脆弱性の悪用が確認されている。

「MS16-118」として「Internet Explorer」に関する脆弱性11件に対応。このうち情報漏洩が生じる脆弱性「CVE-2016-3298」については悪用が確認されている。「Windows Vista」「Windows Server 2008」の一部環境では、「MS16-118」による対応では不十分で、「MS16-126」をあわせて適用する必要がある。

「Microsoft Edge」に関しても、リモートでコードを実行されるおそれがある「CVE-2016-7189」がすでに悪用されており、「MS16-119」にて修正した。

一方「MS16-120」では、「Microsoft Graphics」においてリモートでコードを実行されるゼロデイ脆弱性「CVE-2016-3393」に対処した。また悪用は確認されていないが、「Microsoftビデオコントロール」向けの更新「MS16-122」も「緊急」に指定されている。

(Security NEXT - 2016/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
CMSの「Zenphoto」にコード実行の脆弱性 - 最新版で修正
「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を
MS、AMDプロセッサ向けに「Spectre」緩和策を追加
「Chrome」に重要度「高」の脆弱性 - アップデートがリリース
「OpenSSL」にDoS攻撃受ける脆弱性 - 修正は次期アップデートで
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認
Windows版LINEにリンクでDLL読込パスを指定できる脆弱性 - すでに修正済み
スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性
NICT、脆弱性管理プラットフォーム「NIRVANA改弐」を発表