Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS月例パッチがリリース、脆弱性37件を解消 - 脆弱性4件がすでに悪用

日本マイクロソフトは、10月の月例セキュリティ更新を公開し、10件の問題に対処した。重複を除き、あわせて37件の脆弱性が修正されたが、そのうち4件の脆弱性において、すでに悪用が確認されている。

20161012_ms_001.jpg
10月の月例更新で10件の問題へ対処。半数ですでに悪用が発生している(表:MS)

今回の修正で最大深刻度が「緊急」とされる更新は、「Adobe Flash Player」の脆弱性「APSB16-32」へ対応した「MS16-127」を含む5件。このうち3件において、すでに脆弱性の悪用が確認されている。

「MS16-118」として「Internet Explorer」に関する脆弱性11件に対応。このうち情報漏洩が生じる脆弱性「CVE-2016-3298」については悪用が確認されている。「Windows Vista」「Windows Server 2008」の一部環境では、「MS16-118」による対応では不十分で、「MS16-126」をあわせて適用する必要がある。

「Microsoft Edge」に関しても、リモートでコードを実行されるおそれがある「CVE-2016-7189」がすでに悪用されており、「MS16-119」にて修正した。

一方「MS16-120」では、「Microsoft Graphics」においてリモートでコードを実行されるゼロデイ脆弱性「CVE-2016-3393」に対処した。また悪用は確認されていないが、「Microsoftビデオコントロール」向けの更新「MS16-122」も「緊急」に指定されている。

(Security NEXT - 2016/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Acronis True Image」に脆弱性修正するアップデート - 問題の更新機能経由でも
東芝ライテック製のホームゲートウェイに複数脆弱性
文科省の「電子入札設定チェックツール」に脆弱性
キヤノン、複合機やプリンタ利用者に更新呼びかけ - 「WannaCrypt」感染のおそれも
「OpenVPN」に複数の脆弱性 - 早期にアップデートを
「Apache HTTP Web Server」に複数の脆弱性 - 最新版で修正
Linuxにroot権限を取得される脆弱性「Stack Clash」
「Drupal」に複数の脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
HPEのサーバ監視ソフト「HPE SiteScope」に脆弱性
「WordPress」用ジョブボード追加プラグインに脆弱性 - リモートから画像ファイルがアップロード可能に