Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、10月より月例更新を単一ロールアップに - セキュリティ更新のみのプログラムも用意

マイクロソフトは、「Windows 7 SP1」以降において、10月より月例更新プログラムの提供方法を変更し、単一のプログラムで対応する「ロールアップモデル」へ変更する。

これまで同社は「Windows 10」を除く旧OSに対して、更新プログラムを複数のプログラムとして提供してきたが、ひとつの更新プログラムへまとめた「ロールアップモデル」へ移行するもの。対象は「Windows 7 SP1」「同8.1」「Windows Server 2008 R2」「同2012」「同2012 R2」で、米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」にリリースする。

同社では、2種類のロールアップを用意するとしており、セキュリティ以外も含めた累積的な更新である「セキュリティマンスリー品質ロールアップ」と、提供月のセキュリティ更新をまとめた「セキュリティのみの品質更新プログラム」を配信する予定。

すべての累積的な更新を提供する「セキュリティマンスリー品質ロールアップ」は、提供月のセキュリティ更新はもちろん、セキュリティ以外の更新、さらに前月までの更新も含む累積的なリリースとなる。「Windows Update」「Windows Server Update Services(WSUS)」「Windows Updateカタログ」「Microsoft Updateカタログ」「System Center Configuration Manager(SCCM)」経由で提供する。

(Security NEXT - 2016/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS月例パッチがリリース、一部でゼロデイ攻撃が発生 - 公開済み脆弱性にも対処
悪用確認済みの「Windowsタスクスケジューラ」脆弱性に修正パッチ - PoC公表から約2週間
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - 「Windows ALPC」のゼロデイ脆弱性に対応
Windowsタスクスケジューラのゼロデイ脆弱性、回避策が公開 - 独自パッチも
8月修正のゼロデイ脆弱性、「Darkhotel」と関連 - 背後に北朝鮮の影
MS、「Foreshadow」対策でアドバイザリ - アップデートや追加対応策の実施を
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃
MS、EOL迎える53万台超の「WS 2008」を1年半後には「ゼロ」目指す - Azure再ホストなら3年間パッチ無料
脆弱性緩和ツール「EMET」、7月31日にサポート終了 - 「Windows 7」環境などに影響
7月のMS月例パッチが公開、脆弱性53件を修正 - 「緊急」は17件