Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホカメラを利用した静脈認証の精度評価試験

ユニバーサルロボットは、モバイル端末のカメラを利用した静脈認証製品の精度評価試験を、実施している。

ユニバーサルロボットが開発したモバイル端末のカメラを利用した静脈認証製品におけるのCommon Criteria認証の取得を目指した精度評価試験を、産業技術総合研究所の協力のもと、10月2日まで実施するもの。

経済産業省からの委託事業の一環として、産総研が2016年度のパイロット評価認証に関する共同研究を行う企業を公募。ユニバーサルロボットのモバイル静脈認証製品を採択した。

同試験では、18歳から79歳の男女3000人を被験者として、国際基準である「ISO/IEC 19795」で定められた精度評価を実施。モバイル端末での利用を踏まえ、条件の変化を考慮した試験や、姿勢、揺れや振動、水に濡れた手やハンドクリームを塗った手などが精度に与える影響などについても調べるという。

(Security NEXT - 2016/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SSOサービスがFIDO2や顔認証に対応 - DDS
ドメインの移管やDNS設定変更をロックするオプション - ムームー
NEC、新生児の指紋認証に成功 - 新興国の身分証明に活用
生体情報より作成した公開鍵で認証するソフトウェア - 日立ソ
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
SIEM製品に新版 - 侵害痕跡の分析も対象に - Dell EMC
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析
FIDO認証導入のコンサルティングサービス
NEC、顔認証によるキャッシュレス決済の実証実験を開始