Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

10月に都内で「攻殻機動隊REALIZE PROJECT×SECCON CTF for GIRLS」を開催

SECCON2016実行委員会と日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)、攻殻機動隊REALIZE PROJECTは、都内で女性を対象としたCTFイベント「攻殻機動隊REALIZE PROJECT×SECCON CTF for GIRLS」を10月15日に開催する。

20160920_ko_001.jpg
前回利用された「AMATERAS零」。新機能が追加される予定だという(画像:NICT)

同イベントは、女性限定で開催しているCTFイベント「SECCON CTF for GIRLS」と、SF作品「攻殻機動隊」で描かれたテクノロジーの現実化を進めるプロジェクト「攻殻機動隊REALIZE PROJECT」のコラボレーション企画。

作品に登場する「草薙素子」のような高度な技術を持つ女性を、国内から輩出することを理念として企画。2015年の神戸に続き、2016年は都内でのイベント開催が決定した。

クイズ形式CTF大会を予定しており、競技の様子については専用可視化エンジン「AMATERAS零」により視覚化される。

参加費は無料で定員は約40名。応募者多数の場合は抽選となる。イベントの詳細、申し込みは、SECCON2016のウェブサイトから。

「攻殻機動隊」は、1989年に発表された士郎正宗氏によるマンガ作品。テレビアニメや映画などマルチメディアで展開。作品では、近未来を舞台にサイバー犯罪対策組織「公安9課」のリーダーである草薙素子を中心にサイバー犯罪との戦いを描いている。

(Security NEXT - 2016/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Zaif仮想通貨流出、トランザクション解析で発信元推定へ - 2日間のハッカソンで開発した監視システムで
制御システムのCTF、11月に予選開催 - Kaspersky Lab
「Apache Struts 2」脆弱性に実証コード - 地下フォーラムでも不穏な動き
SANS「NetWars」による学生向けCTF大会を開催 - NRIセキュア
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
ゲームの脆弱性対策技術を競うコンテストがスタート
「Trend Micro CTF 2018」が開催 - 9月に予選、決勝は12月
「CODE BLUE CTF予選」が7月28日に開催
国内最大級のCTF「SECCON 2018」が開催 - 予選は10月、決勝は12月に
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催