Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NRIセキュア、ウェブ不正利用者の検知ソリューション - 「PWリスト攻撃」にも対応

NRIセキュアテクノロジーズは、ウェブサービスにおける利用者のなりすましや、不正取引を検知するソリューション「Uni-ID Identity Fraud Detection」を提供開始した。

同ソリューションは、ウェブサービスにおけるなりすましや不正な取引などを検知するセキュリティソリューション。ログイン時とログイン後の振る舞いを分析し、スコア判定を実施。窃取されたアカウント情報を使ったなりすましや不正取引を検知する。「パスワードリスト攻撃」にも対応するという。

同社では、同サービスとあわせてルールのアップデートサービスを用意。2016年度中に数社への導入を見込んでいる。また導入前の企業を対象に、過去のログデータを分析することで効果を判断できるPoCサービス(150万円から)も用意している。

(Security NEXT - 2016/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

関電の「はぴeみる電」に不正ログイン - 複数海外IPアドレスから試行
三越伊勢丹の関連2サイトで約1.9万件の不正ログイン
Facebookの「WordPress」向けプラグインに脆弱性 - チャット乗っ取りのおそれ
活動再開のEmotet、2月以前に窃取したメール情報を悪用するケースも
Cisco ASAに脆弱性、悪用も確認 - 早急に更新を
通販サイト「ショップチャンネル」にPWリスト攻撃
「Emotet」の脅威 - 組織やビジネスへの影響を考える
MS、7月の月例パッチで脆弱性123件を修正 - 悪用は未確認
顧客情報記載の領収証を紛失 - 四国ガス燃料
JICA関連サイト、44回の不正アクセス - 入手アカウントでさらなる情報窃取の可能性