Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DMG森精機と日本MS、制御システムのセキュリティ対策で技術協力

DMG森精機と日本マイクロソフトは、制御システムのセキュリティ強化やスマートファクトリー分野において、技術協力することで合意した。

今回の技術協力により、工作機械を中心とする制御システムのセキュリティに関する課題へ取り組み、スマートファクトリーの実現を目指す。

具体的には、Windowsを利用した工作機械コンソールなどのセキュリティや、工場内のセンサーが収集したデータの転送やクラウド上での取り扱いなど、日本マイクロソフトが持つセキュリティのノウハウを活用。

また、クラウドに集約したデータを活かした予防保全といったデータの利活用、VRやウェアラブルデバイスなど、IT技術の活用などに関しても技術協力を推進していく。

(Security NEXT - 2016/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

横河電機の制御システム向けアラーム管理ソフトに複数脆弱性
2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
米政府、制御システムの保護に向けた戦略を発表
損ジャと日立ソ、IoTセキュリティ分野で協業
2020年1Qの脆弱性DB登録は4520件 - EOL「Windows 7」も件数上位に
2020年1Q、前四半期からインシデント増加 - 「サイト改ざん」は減少
富士電機の「V-Server Lite」に脆弱性 - アップデートが公開
三菱製シーケンサ「MELSEC」のUDP/IP通信にリソース枯渇のおそれ
オムロンの「PLC」にサービス拒否の脆弱性