Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DMG森精機と日本MS、制御システムのセキュリティ対策で技術協力

DMG森精機と日本マイクロソフトは、制御システムのセキュリティ強化やスマートファクトリー分野において、技術協力することで合意した。

今回の技術協力により、工作機械を中心とする制御システムのセキュリティに関する課題へ取り組み、スマートファクトリーの実現を目指す。

具体的には、Windowsを利用した工作機械コンソールなどのセキュリティや、工場内のセンサーが収集したデータの転送やクラウド上での取り扱いなど、日本マイクロソフトが持つセキュリティのノウハウを活用。

また、クラウドに集約したデータを活かした予防保全といったデータの利活用、VRやウェアラブルデバイスなど、IT技術の活用などに関しても技術協力を推進していく。

(Security NEXT - 2016/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
横河電機の制御システムに脆弱性 - 一部は要マイグレーション
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
【特別企画】脅威トレンドや対策の重要性を経産省伊東氏が解説 - 「WannaCrypt」の特異点も
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
制御システムのセーフティとセキュリティ実現に向けたガイド - IPA
オムロンの制御システム向けソフト「CX-Supervisor」に7件の脆弱性
Gemalto製ライセンス管理製品に複数脆弱性 - ドングル接続時にFWを開放、RCEのおそれ