Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MySQL」にゼロデイ脆弱性 - 限定的なPoCが公開

オープンソースのデータベース「MySQL」にリモートでコードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2016-6662」など2件の脆弱性が判明した。9月12日の時点で修正パッチは提供されておらず、ゼロデイ状態となっている。

同脆弱性は、セキュリティ研究者のDawid Golunski氏が報告したもの。管理ツール「phpMyAdmin」へアクセスできるユーザーや、ウェブアプリに対する「SQLインジェクション攻撃」により、「MySQL」の設定ファイルが不正に操作されたり、悪意ある設定ファイルを作製され、コードを実行されるおそれがある。

現段階で最新の「MySQL 5.7.15」「同5.6.33」「同5.5.52」および以前のバージョンに脆弱性が存在。「MySQL」から派生した「MariaDB」「PerconaDB」も影響を受ける。さらに同脆弱性以外にも、現在未公開だが、設定ファイルを作成できる別の脆弱性「CVE-2016-6663」もあわせて見つかっているという。

7月29日にOracleをはじめ、開発ベンダーへ報告されており、「MariaDB」「PerconaDB」については、「CVE-2016-6662」に対する修正パッチが8月30日にリリースされた。一方、「MySQL」については修正パッチが依然として供給されていない。

すでに「MariaDB」「PerconaDB」のパッチは公表済みで、攻撃者によって脆弱性を把握できる状態であることから、同氏は注意喚起を目的に限定的な実証コード(PoC)を含め、同脆弱性について公表に踏み切ったとしている。

同氏は、一時的な緩和策として、「mysqlユーザー」が所有者の設定ファイルがないことを確認し、ルートを所有者とした使用しないダミーファイルを用意しておくといった対策を紹介している。

(Security NEXT - 2016/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
CMSの「Zenphoto」にコード実行の脆弱性 - 最新版で修正
「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を
MS、AMDプロセッサ向けに「Spectre」緩和策を追加
「Chrome」に重要度「高」の脆弱性 - アップデートがリリース
「OpenSSL」にDoS攻撃受ける脆弱性 - 修正は次期アップデートで
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認
Windows版LINEにリンクでDLL読込パスを指定できる脆弱性 - すでに修正済み
スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性
NICT、脆弱性管理プラットフォーム「NIRVANA改弐」を発表