Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本プルーフポイント、インシデント対応の支援ソリューション

日本プルーフポイントは、インシデント対応を支援する「Proofpoint Threat Response」および「Emerging Threats Intelligence」を提供開始した。

20160916_pp_001.jpg
記者説明会に登壇したマネージングダイレクターのLorne Fetzek氏と米Proofpoint先端技術シニアグループマネージャーのDuane Kuroda氏

「Proofpoint Threat Response」は、インシデントへの対応を効率化するソリューション。セキュリティ製品やSIEMなど30以上の製品と連携。収集した情報を相関的に分析し、優先順位付けした上でアラートを発行することが可能。連携するためのAPIも用意されている。

またアラートをもとに、マルウェア感染端末のスナップショットや、プロセス、レジストリなどの情報を取得することが可能。さらにファイアウォールやActive Directory、メール製品などと連携させることで、不正通信を遮断することもできる。

一方、「Emerging Threats Intelligence」は、買収したテクノロジーを同社ソリューションへ統合したもの。同社はもちろん、外部マルウェア対策ベンダーなど、グローバルより収集した過去5年間の脅威情報を提供する。

IPアドレスやドメイン、ハッシュ、文字列などで検索し、脅威情報のドリルダウンが可能。「Proofpoint Threat Response」との連携に対応しているが、単独で導入することもできる。

(Security NEXT - 2016/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IoT機器開発者向けにガイドライン - NRIセキュア
MSS選定ガイドラインVer.2.0を公開 - ISOG-J
TMI P&Sと東京海上日動、サイバーリスク保険分野で提携
JPCERT/CC、ログ解析の訓練コンテンツを公開 - 痕跡発見のコツも
グルメアプリに不正アクセスの可能性 - ユーザー情報流出か
医療情報狙う攻撃 - 新型コロナ前後の国内観測動向は
「Emotet」の脅威 - 組織やビジネスへの影響を考える
サーバ証明書、最長でも約13カ月 - 毎年更新が必須に
脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加