Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール送信時の人為ミスで顧客のメアド流出 - 角栄ガス

角栄ガスは、千葉サービスセンターにおいてメール誤送信が発生し、顧客のメールアドレスが流出したと発表した。

同社によれば、9月6日14時半過ぎに、顧客へ案内メールを一斉に送信したが、担当者がメールアドレスを宛先に入力したため、メールアドレス143件が受信者間に漏洩した。

今回の問題を受け、今後同社では、メール送信時に複数の担当者によるチェックを実施するなど再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2016/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

就職支援サイトのシステムに不具合、別人にメール送信 - 長崎県
約9年前に会員アカウント情報が流出か - 東芝産業機器システム
事業者向けのセミナー案内メールを誤送信 - 和歌山市
メール誤送信で経済団体や有識者のメアドが流出 - 公取委
観戦会参加者の個人情報が閲覧可能に、申込フォームが公開設定 - 大分トリニータ
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン
誤送信で学生のメールアドレスが流出 - 東京音大
個人情報含むPCを従業員が紛失 - うるる
関係者向けニュースメールで誤送信 - 国立環境研究所