Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MBSD、AWSに特化したセキュリティ監視サービス

三井物産セキュアディレクション(MBSD)は、アマゾンウェブサービス(AWS)に特化したセキュリティ対策サービスを提供開始した。

米Alert Logicの「Cloud Defender」を活用したセキュリティ監視サービス「AWSセキュリティ監視サービス secured by Alert Logic」を提供するもの。

同サービスは「IDS」や「WAF」「SIEM」の機能を備え、センサーで収集したログを脅威情報と照合し、自動的に解析。インシデント検知時には、同社とAlert Logicが連携し、人的な解析によって対応が必要なインシデントを洗い出す。

また同サービス以外にもサービスメニューとして、IDSと監視を組み合わせたサービス「Threat Manager」も用意している。

パートナーであるNHNテコラス、クラスメソッド、サーバーワークスを通じて提供し、月額利用料は32万8000円から。

(Security NEXT - 2016/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
ネットワーク内不審通信のレポートサービス - ALSOK
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品