Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スカイアーチ、項目を絞ったサイト脆弱性診断サービス

スカイアーチネットワークスは、診断項目を絞り込んだウェブサイトの脆弱性診断サービス「SkyGate with Secure Scan」を提供開始した。

同サービスは、ウェブサイトの脆弱性の有無や、不正なサイトに誘導するリンクが埋め込まれていないか月に1度診断を行うサービス。1URLにつき月額1万円で、最低利用期間は2カ月。

診断対象は、「SQLインジェクション」「クロスサイトスクリプティング」「ディレクトリインデックス」の3項目。100パラメーターについて診断するという。また毎日100ページについて不正なURLが埋め込まれて否か確認する。

(Security NEXT - 2016/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
Tenable製ツール用いたSaaS型のウェブアプリ脆弱性診断サービス
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント