Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Cisco ASAのSNMP処理にゼロデイ脆弱性「EXTRABACON」

Cisco Systemsのセキュリティ対策製品である「Cisco Adaptive Security Appliance(ASA)」のソフトウェアに未修正の脆弱性が判明した。同社ではアップデートを準備している。

今回明らかとなった「CVE-2016-6366」は、SNMPパケットの処理に起因する脆弱性。SNMPのバージョンに関係なく、バッファオーバーフローによりリモートよりコードを実行され、制御を奪われるおそれがある。同社による重要度のレーティングは「高(high)」。

「ルーテッドファイアウォールモード」あるいは「透過型ファイアウォールモード」として利用した場合に影響があり、攻撃には「SNMPコミュニティ名」を必須とするなど条件が限られるが、すべてのASAソフトウェアに脆弱性が含まれる。

同社では、脆弱性へ対応したアップデートについて準備を進めるとともに、信頼できるユーザーのみアクセスができるよう制限し、「SNMPコミュニティ名」を適切に管理するよう緩和策をアナウンスした。「Cisco PIX Firewalls」や「Cisco Firewall Services Module(FWSM)」など一部製品はすでにサポートが終了しており、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、月例パッチで50件の脆弱性を修正 - 一部公開済みの脆弱性も
「Adobe Acrobat/Reader」にセキュリティ更新 - 脆弱性41件を修正
「Adobe Experience Manager」にセキュリティアップデート
Adobe、「Acrobat/Reader」のセキュリティアップデートを2月13日に公開予定
VMware製仮想アプライアンス6製品、「Meltdown」「Spectre」が影響
Intel、脆弱性「Spectre」を軽減する「Skylake」向けマイクロコードをリリース
「WordPress」にDoS攻撃を受けるおそれ、研究者が指摘
「Spring Security」「Spring Framework」に脆弱性 - 認証回避のおそれ
Flashゼロデイ脆弱性に北朝鮮関与 - 11月中旬より悪用
Cisco、セキュリティ製品向けに再度修正パッチ - あらたな攻撃手法が判明、対応不十分で