Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、アジア7カ国で「アジア共通統一試験」の普及キャンペーン

情報処理推進機構(IPA)は、アジア7カ国における情報処理技術者試験「アジア共通統一試験」の普及キャンペーンを9月より実施する。

アジア圏におけるIT人材の育成と活用を目的に、2005年に設立された「IT Professionals Examination Council(ITPEC)」では、日本の情報処理技術者試験をベースにした「アジア共通統一試験」を実施し、これまで5万7757人が受験し、1万736人が合格している。

日本における「基本情報技術者試験」や「応用情報技術者試験」「ITパスポート試験」相当の内容となっており、日本と共通の尺度で技術者を評価できる。

同機構では、同試験の受験者数の増加を目的とした普及キャンペーンを9月から2018年6月30日まで実施。対象はITPECに加盟しているフィリピン、タイ、ベトナム、ミャンマー、マレーシア、モンゴル、バングラデシュのアジア7カ国。

各国でサンリオの人気キャラクター「ハローキティ」をモチーフにしたクリアフォルダを受験者に配布するほか、ハローキティをあしらったポスターやチラシ、ウェブサイトなどが制作される予定としている。

(Security NEXT - 2016/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブセキュリティの知見問う「徳丸試験」 - 2019年12月より開始
2018年秋期情報セキュマネ試験、合格率5割切る - 開始以降はじめて
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
国内IT大手3社、セキュリティ技術者の共通人材モデル14種類を策定
入試受験予定者への案内メール誤送信でメアド流出 - 兵庫大
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
メール誤送信で職員採用試験申込者のメアド流出 - 長野県
1960年代の職業訓練受講者指導要録が一部所在不明 - JEED
不正アクセスによる情報流出、件数を訂正 - 日本がん治療認定医機構
国家試験「iパス」、セキュリティ分野の項目を拡充 - 2019年度試験から