Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市内小学校児童の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 大阪市

大阪市において、スポーツ大会に参加した市内小学校児童の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明となっている。

8月4日に開催された大阪市小学生スポーツ交流大会陸上運動の部における競技データを保存したUSBメモリを紛失したもの。USBメモリは市立小学校の教諭の私物だという。

同教諭は、参加児童の100メートル走の記録データを各参加校に送付するため、USBメモリへ保存。自宅へ持ち帰り、翌5日に学校へ持参してデータを各校へ送付しようとしたところ、USBメモリを紛失していることに気付いた。

問題のUSBメモリには、同大会に参加した児童の個人情報が保存されており、同市内小学校36校の児童891人分に関する氏名、学校名、100メートル走の記録、および63人の氏名と学校名が含まれる。USBメモリは暗号化などセキュリティ対策を講じていなかった。

同市では、対象となる児童の保護者に、説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2016/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校で個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
小学校で児童の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 橿原市
高校で生徒の体力テスト記録票原簿を紛失 - 東京都
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府
中学校で成績含む資料が約2カ月間放置状態に、生徒が発見 - 横浜市
中学校2校で生徒の画像含むカメラの紛失が発生 - 仙台市
小学校教諭が個人情報入りPC紛失、路上で居眠り中に - 大阪市
小学校長が他校教諭の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 尾道市
小学校で児童の個人情報を紛失 - 福岡市