Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホ向け仮想試着アプリに脆弱性 - 通信が盗聴されるおそれ

東芝が提供するスマートフォン向けアプリ「Coordinate Plus」に、SSLサーバ証明書を正しく検証しない脆弱性が含まれていることがわかった。修正版がリリースされている。

同アプリは、スマートフォンなどのモバイル端末上で、衣服を仮想的に試着し、コーディネートを確認できるもので、AndroidおよびiOS向けに提供している。

SSLサーバ証明書の検証処理に脆弱性「CVE-2016-4840」が存在しており、マンインザミドル攻撃(MITM攻撃)によって暗号化通信を盗聴されるおそれがある。

同脆弱性は、リスクファインダーの谷口岳氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。東芝では、脆弱性を解消した「同1.0.3」がGoogle PlayおよびApp Storeにてリリースしている。

(Security NEXT - 2016/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 66」がリリース - 脆弱性21件を修正
iOS向けバイト情報アプリ「an」の旧版に脆弱性
CMSの「Joomla」に複数脆弱性、アップデートがリリース
データベース不要のオープンソースCMSに複数のXSS脆弱性
「WordPress 5.1.1」がリリース - XSSの脆弱性など修正
サイトの脆弱性を診断する月額制クラウドサービス - セキュアブレイン
「Adobe Digital Editions」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
「Chrome 73」がリリース - セキュリティ関連の修正は60件
「Adobe Flash Player」にアップデート - セキュリティ修正は含まず
MS、月例パッチで脆弱性64件を解消 - 2件はゼロデイ攻撃を確認済み