Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LINE、脆弱性報奨金プログラムの実施状況を発表

LINEは、同社がiOSやAndroid向けに提供しているSNSアプリ「LINE」を対象とした脆弱性報奨金プログラムの認定状況を発表した。

「LINE Security Bug Bounty Program」は、同社が示した基準を満たした脆弱性に対し、新規性や重要度に応じて報告者へ報奨金を支払うプログラム。6月より無期限で実施している。

同社によれば、これまでに同プログラムの対象となる脆弱性の報告はなかったという。一方、規約上対象とならなかったものの、有益な情報を提供したとして、5人の報告者について掲示した。

具体的な修正内容については触れていないが、いずれの脆弱性もすでに修正済みだという。

(Security NEXT - 2016/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイボウズ、PSIRT構築支援プログラムを開始
サイボウズ、2020年度の脆弱性報奨金制度をスタート
経済制裁下でサイバー攻撃への依存高める北朝鮮 - 米政府が対策呼びかけ
「変なホテル」の客室ロボに脆弱性 - SNS投稿で明らかに
Intel CPUにネットワーク経由で情報漏洩のおそれ - 「NetCAT攻撃」明らかに
「LINE」にプロフ画像変更される脆弱性 - ゼロデイ攻撃被害も、利用者に確認呼びかけ
Palo AltoのVPN機能旧版にRCEの脆弱性 - バージョンの確認を
2015年の不正アクセスで流出した平文PW見つかる、報償金制度で - Slack
LINE海外法人の求人サイトに脆弱性、外部報告で判明 - 調査以外の形跡確認されず
サイボウズ、「バグハンター合宿」を開催 - 脆弱性155件を認定