Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apple ID」を狙うフィッシング - SMSで偽サイトへ誘導

iOSをはじめ、Appleのサービスで利用する「Apple ID」のアカウント情報を狙ったフィッシング詐欺が発生している。見知らぬ番号から突然届くSMSに注意が必要だ。

攻撃を確認したIntel Securityによれば、今回の攻撃はSMSで短縮URLを送りつける手口。誘導先の偽サイトでアカウントがロックされており、再認証が完了しないとアカウントが停止になるなどと不安を煽り、ログイン画面に見せかけてIDやパスワードをだまし取っていた。

おもに米国のユーザーをターゲットとしており、7月後半に複数回の攻撃が発生。7月22日に送信されたと見られるケースでは、URLに対して約6000回のアクセスが発生。また7月27日に発生したケースも1700回以上もクリックされていたという。

同社では、なじみのない電話番号からのメッセージへ警戒し、アクセス先などへ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング報告、2カ月連続で減少 - 800件台に
「全国銀行個人信用情報センター」装う偽サイトに注意 - 「自宅に直接伺う」との記載も
「端末がウイルスに感染」と脅して偽サイトへ誘導 - ドコモかたるフィッシング
「三菱クレジットカード」を名乗るフィッシング攻撃
「ポイント付与」口実にカード利用者を誘い込む偽サイト
「静岡からアクセスあった」とだます偽Appleに注意
「MUFGカード」利用者を狙うフィッシング - 複数の文面用いて攻撃
12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化
2017年4Q、インシデント微減するも制御システム関連の増加目立つ
幻冬舎に不正アクセス、会員情報流出の可能性 - バージョンアップで脆弱性が発生