Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apple ID」を狙うフィッシング - SMSで偽サイトへ誘導

iOSをはじめ、Appleのサービスで利用する「Apple ID」のアカウント情報を狙ったフィッシング詐欺が発生している。見知らぬ番号から突然届くSMSに注意が必要だ。

攻撃を確認したIntel Securityによれば、今回の攻撃はSMSで短縮URLを送りつける手口。誘導先の偽サイトでアカウントがロックされており、再認証が完了しないとアカウントが停止になるなどと不安を煽り、ログイン画面に見せかけてIDやパスワードをだまし取っていた。

おもに米国のユーザーをターゲットとしており、7月後半に複数回の攻撃が発生。7月22日に送信されたと見られるケースでは、URLに対して約6000回のアクセスが発生。また7月27日に発生したケースも1700回以上もクリックされていたという。

同社では、なじみのない電話番号からのメッセージへ警戒し、アクセス先などへ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大
クレカ明細サービス装うフィッシング攻撃 - 「信頼性高めるため」などと本文中URLからのアクセス促す
フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に
「Yahoo!JAPANカード」の利用者狙うフィッシング - PW初期化案内を偽装
4段階ある凝った作りの偽Amazonサイト - クレカの本人認証ページまで用意
Gmailに差出人を空欄にできるバグ「Ghost Emails」 - フィッシング攻撃などで悪用のおそれ
佐川装う悪質SMS、相談件数が10月以降急増 - iOS利用者も標的に