Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apple ID」を狙うフィッシング - SMSで偽サイトへ誘導

iOSをはじめ、Appleのサービスで利用する「Apple ID」のアカウント情報を狙ったフィッシング詐欺が発生している。見知らぬ番号から突然届くSMSに注意が必要だ。

攻撃を確認したIntel Securityによれば、今回の攻撃はSMSで短縮URLを送りつける手口。誘導先の偽サイトでアカウントがロックされており、再認証が完了しないとアカウントが停止になるなどと不安を煽り、ログイン画面に見せかけてIDやパスワードをだまし取っていた。

おもに米国のユーザーをターゲットとしており、7月後半に複数回の攻撃が発生。7月22日に送信されたと見られるケースでは、URLに対して約6000回のアクセスが発生。また7月27日に発生したケースも1700回以上もクリックされていたという。

同社では、なじみのない電話番号からのメッセージへ警戒し、アクセス先などへ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングサイトの割合増加 - 27%がHTTPS対応
サイトの「問い合わせフォーム」を悪用する攻撃に警戒を
「Amazonプライムの自動更新設定を解除」と不安煽るフィッシング
ウェブサイトがスパムの踏み台被害 - 船橋市
「Amazon異常は検出されました」 - 偽サイト誘導メールに注意
PR代行のベクトルがセキュリティ事業に参入
アカウントが乗っ取り被害、フィッシング踏み台に - マウスコンピューター
鳥取市の通販サイトに不正アクセス - 利用者情報が流出
4月の偽サイトURL件数、過去最多を更新 - 報告も1.1万件超に
「あなたのNTTドコモはロックされている」 - dアカウント狙うフィッシング