Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

故山口英氏のメモリアルカンファレンス「SGR2016」が9月に開催

サイバーセキュリティのステークホルダーによるカンファレンス「SGR2016」が、9月に都内で開催される。

同カンファレンスは、サイバーセキュリティに関するステークホルダーが参加、活動報告を行い、大局観を持ってサイバーセキュリティの目標について議論、情報共有することを目標としたカンファレンス。運営する「SGR2016 プログラム委員会」は、各セキュリティ関連団体に所属するメンバーがボランティアとして結成した。

ITの活用やサイバーリスク、サイバー法、人材など、サイロ化され、個別に取り扱われているアジェンダについて、相互を結びつけるプログラムを計画。産業セクターやリージョンにおける取り組みについて報告した上で、世界各地におけるサイバーセキュリティのギャップや日本が世界へ貢献すべき課題を話し合うほか、行動計画やアジア、アフリカ圏との連携などについても展望することを目指すとしている。

また同イベントは、初代の内閣官房情報セキュリティ対策推進室情報セキュリティ補佐官や、JPCERTコーディネーションセンターの代表理事、奈良先端科学技術大学院大学の教授など歴任し、5月9日に亡くなった山口英氏を偲ぶメモリアルチャリティカンファレンスと位置付けて運営されており、収益金は全額「山口英先生とともにMSA研究を支援する会」へ寄付される。

イベント名の「SGR」には、「Security Groups Roundtable」「Security, Governance and Resilience」の頭文字を取った多義的な意味を込めたほか、山口氏の「スグル」の発音も意識したものだという。

会場は、御茶ノ水ソラシティ・カンファレンスセンターで、開催日は9月23日。定員は200名程度。イベントの詳細や申し込みは、ウェブサイトから。実行委員会では、支援者についても募集している。

(Security NEXT - 2016/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「制御システムセキュリティカンファレンス 2019」が開催 - 船舶業界の取組も紹介
「SECCON 2018」 が一般参加の事前登録を受付中 - プログラムも公開
【訂正あり】イスラエル発「Cybertech Tokyo 2018」が都内で開催
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
「CODE BLUE」カンファレンスが開幕、1100人以上が参加 - 法律やブロックチェーンの講演にも注目
「CODE BLUE 2018」カンファレンスがまもなく開催 - 公式アプリも
「M3AAWG」の国内リージョン「JPAAWG」が発足 - メールやメッセージングのセキュリティを検討
アナリスト向け会議「JSAC 2019」 - 論文の2次募集がスタート
「Security Days Fall 2018」を開催 - 10月上旬に東京大阪で
「スリープモードは脆弱」 - HDD暗号化済みPC内部へアクセス可能となる問題が判明