Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテック、自動車のCANにおける異常通信を検知するソフト

シマンテックは、自動車の車載ネットワークにおける異常な通信を検知するソフトウェア「Symantec Anomaly Detection for Automotive」を国内向けに提供開始した。

同製品は、自動車の「CAN(Controller Area Network)」におけるトラフィックを監視し、異常を検知するソフトウェア。今春よりワールドワイドで展開してきたが、日本向けに正式にリリースした。

20160728_sy_002.jpg
Symantec Anomaly Detection for Automotive

事前に正常な動作を学習させることで、統計解析エンジンにより攻撃の兆候を示す異常な通信を検出。またパケット分析によるペイロード分析にも対応しており、認識された重大度とリスクに応じて、インシデントの優先順位が自動的に設定できる。

さらにバックエンドとの連携により、異常検知時に、警告灯を表示したり、クラウド送信するといった対応が可能となる。ソフトウェアで提供し、価格は1ユニットあたり2160円。

20160728_sy_001.jpg
坂尻氏

同社では、エンドポイント対策や通信の暗号化など、コネクテッドカー向けにセキュリティソリューションの展開を強化している。記者会見に登壇した同社執行役員CTO兼セールスエンジニアリング本部長の坂尻浩孝氏は、今回の「Symantec Anomaly Detection for Automotive」も含め、エンドポイントからデータセンターまで幅広く自動車のセキュリティ対策をカバーできることをアピールした。

また記者から「汎用性が低いIoTは、金銭目的の攻撃対象となるか」との質問に対し、同社セールスエンジニアリング本部のテクニカルディレクターである山内正氏は、「IoTは制御部分を担っており、自動車であれば異常走行に発展するおそれもある。影響度が高く無視できない」と説明、金銭目的だけでなく、ハクティビストなどの存在もあるとして、セキュリティ対策の重要性を強調した。

(Security NEXT - 2016/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Interop Tokyo 2019が開幕 - 「Best of Show Award 2019」が決定
IoTセキュリティ対策の進捗状況と今後の課題を取りまとめ - 総務省
サプライチェーンリスク診断など8サービスをリリース - ソリトン
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
サプライチェーンのセキュリティでシンポジウム - IPA
特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に
無線化が進む製造現場向けのセキュリティ導入ガイド - NICT
2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化