Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

外国人から提出された戸籍届書675件が所在不明 - 大阪市

大阪市において、外国人から提出された戸籍届書675件の所在がわからなくなっていることが明らかとなった。

2015年5月に城東区、次いで同年7月に東成区で外国人から提出された戸籍届書を紛失していることが判明したため、同市が1948年度以降の届書について調査を実施したもの。両区以外の22区役所についても調査を実施し、両区を含めあわせて675件の届書が紛失していることがわかった。

今回紛失が判明した675件については、戸籍に関する届出の受理状況を記録する「受付帳」に届書を受理した記載があったが、届書綴には綴られていなかった。届書を区役所から持ち出すことはないとし、誤って廃棄した可能性が高いとしている。

同市では、紛失した届書に関する証明発行の要請があった場合には、代替の受理証明書を交付するなど、関係者に不利益が生じないよう対応するとしている。

(Security NEXT - 2016/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

税額決定通知書を異なる事業者へ誤送付 - 大阪市
不正アクセスで顧客情報1.3万件が流出した可能性 - 愛媛CATV
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市
学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
黒大豆の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
償還予定表など顧客情報含む書類が所在不明に - 住宅金融支援機構
患者の個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 大阪市
県立高校で個人情報含む書類を紛失 - 埼玉県
アンケート用紙が運搬中に飛散、一部紛失 - 名古屋観光コンベンションビューロー
中学校で身体測定の記録票を紛失 - 高松市