Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京電機大、日本シーサート協議会に加盟 - 大学初

東京電機大学が、日本シーサート協議会に加盟した。大学組織としての加盟は、同大がはじめてだという。

日本シーサート協議会は、企業や組織においてインシデント対応などを行う「CSIRT(Computer Security Incident Response Team)」が加盟する団体。会員同士が連携しつつ、脅威情報の共有などを進めている。

同大学では、6月14日にCISO(情報セキュリティ最高責任者)を設置するとともに、CSIRT設置に向けて「TDU-CSIRT設置協議会」を設置。6月22日に日本シーサート協議会に加盟した。

今後、「TDU-CSIRT」を設置し、学内外の組織や専門家と協力して、外部への情報提供や学内におけるセキュリティ強化の啓発活動を展開するほか、大学における情報セキュリティ対策やインシデント対応、CSIRT構築の支援活動の先導役を果たしたいとしている。

(Security NEXT - 2016/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
セキュリティ情報共有のポイントを整理した資料に改訂版 - ISOG-J
サイバー防御演習「CYDER」の受講受付開始 - 全国で年100回予定
中南米のセキュリティ体制やCSIRT動向は? - JPCERT/CCが調査報告
CSIRT構築と平常時活動を支援するサービス - ソリトン
NEC、社内SE向けにセキュリティ演習拠点を新設 - 仮想マシン130台が稼働
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」が決定 - 2名1団体が受賞
MSS事業者や社内SOC向けマルチテナント型インシデント管理ツール
構成員10人以上が6割超、システム停止権限持つ組織は1割強 - CSIRT実態調査
16.5%の企業がCSIRT設置 - 1001名以上では4割