Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京電機大、日本シーサート協議会に加盟 - 大学初

東京電機大学が、日本シーサート協議会に加盟した。大学組織としての加盟は、同大がはじめてだという。

日本シーサート協議会は、企業や組織においてインシデント対応などを行う「CSIRT(Computer Security Incident Response Team)」が加盟する団体。会員同士が連携しつつ、脅威情報の共有などを進めている。

同大学では、6月14日にCISO(情報セキュリティ最高責任者)を設置するとともに、CSIRT設置に向けて「TDU-CSIRT設置協議会」を設置。6月22日に日本シーサート協議会に加盟した。

今後、「TDU-CSIRT」を設置し、学内外の組織や専門家と協力して、外部への情報提供や学内におけるセキュリティ強化の啓発活動を展開するほか、大学における情報セキュリティ対策やインシデント対応、CSIRT構築の支援活動の先導役を果たしたいとしている。

(Security NEXT - 2016/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「添付ファイルでマルウェア感染?」「PCの動作が変?」 - まずは調査を
セキュリティに関する情報共有のポイントを整理した資料に英語版 - ISOG-J
【特別企画】「ウェブフィルタリング=入口対策」はあたりまえ、内部からの不審通信対策にも効果がある「あの製品」
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞 - 「CODE BLUE」篠田氏など3者が受賞
日立と慶大、「分散型セキュリティオペレーション」構想を提唱 - インシデント対応を迅速化
【特別企画】柔軟性高いSOCと機械学習がもたらす速攻検知 - Managed Cyber GateとVectra Networks社製品の導入事例
DTRSとDNP、人材育成プログラムにインシデント対応メニュー - サイバーレンジを活用
「サイバーセキュリティ経営ガイドラインVer2.0」が公開 - 「攻撃検知」「復旧」前提に
ISOG-J、効果的なセキュリティ情報共有のポイントを整理した資料公開
ソフバンテク、CSIRT早期構築を支援するサービス