Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ニフティ、クラウド占有環境による仮想デスクトップサービス

ニフティは、仮想デスクトップをクラウドの占有環境で提供する「ニフティクラウド デスクトップ(専有型)」を提供開始した。

同サービスは、VMwareの「VMware Horizon DaaS」を活用した仮想デスクトップサービスを、「ニフティクラウド」上の占有環境で提供するもの。同様のサービスを共有環境で提供するサービスについては、2016年内の提供を予定している。

ストレージ基盤にフラッシュ型ストレージを採用しており、標準サービスとして、自動フェイルオーバー機能、マルウェア感染時の自動隔離機能を搭載。マルウェア感染の検知時に、対象のデスクトップのネットワークを自動で遮断する。

価格は、仮想1CPUとメモリ4Gバイトの仮想デスクトップ環境が月額5940円から。最小構成はデスクトップ200台で、最低利用期間は3カ月。初期構築費用が別途必要。申し込みから利用開始まで約2カ月の占有環境構築期間が必要としている。

(Security NEXT - 2016/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Office 365」の監視サービス - NECソリューションイノベータ
メールの誤送信対策をクラウドで提供 - 富士通BSC
ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供
ハイブリッド環境対応の上位版MSSを開始 - テクマトリックス
ウェブフィルタリング製品に新版、クラウドサービスも- キヤノンMJ
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
パロアルト、AI活用でセキュリティ業務を簡素化するプラットフォーム
ドコモとトレンド、IaaS基盤のIoTデバイス保護で新メニュー
ラックとNEC Asia Pacificが協業 - 中堅中小向け監視サービスを展開
「オフィス宅ふぁいる便」が機能強化 - 最大3Gバイトまで送信可能に