Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ニフティ、クラウド占有環境による仮想デスクトップサービス

ニフティは、仮想デスクトップをクラウドの占有環境で提供する「ニフティクラウド デスクトップ(専有型)」を提供開始した。

同サービスは、VMwareの「VMware Horizon DaaS」を活用した仮想デスクトップサービスを、「ニフティクラウド」上の占有環境で提供するもの。同様のサービスを共有環境で提供するサービスについては、2016年内の提供を予定している。

ストレージ基盤にフラッシュ型ストレージを採用しており、標準サービスとして、自動フェイルオーバー機能、マルウェア感染時の自動隔離機能を搭載。マルウェア感染の検知時に、対象のデスクトップのネットワークを自動で遮断する。

価格は、仮想1CPUとメモリ4Gバイトの仮想デスクトップ環境が月額5940円から。最小構成はデスクトップ200台で、最低利用期間は3カ月。初期構築費用が別途必要。申し込みから利用開始まで約2カ月の占有環境構築期間が必要としている。

(Security NEXT - 2016/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
金融機関向けに閉域網とVDIを組み合わせたソリューション - 日商エレ
「Chromebook」利用の教育機関向けにウェブフィルタリングサービス
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定