Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立、ブラウザ閲覧環境を業務システムから分離するソリューション

日立製作所は、企業や自治体向けに、業務システムとインターネット接続環境の分離を実現する「セキュアWebブラウジングソリューション」を提供開始した。

同製品は、インターネット接続環境と社内ネットワークの業務環境を分離するソリューション。アプリケーション仮想化技術「Citrix XenApp」を採用し、アプリケーション仮想化基盤上にインターネット接続環境を構築している。

インターネット分離に必要なシステム要件をテンプレート化して提供。またオプションとして、操作ログの収集やファイル転送、マルウェア対策などもテンプレート化して提供するという。

価格は、マネージドサービスでの提供が月額64万8000円から。統合プラットフォームでの提供が912万6000円から。

(Security NEXT - 2016/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブ分離をクラウドサービスで提供 - アイテック阪急阪神
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
NTT西、セキュリティ人材約400人を活用して一元的にセキュリティ支援
マカフィー、AWS向けにIPS「McAfee vNSP」を提供
米Menlo製アイソレーション製品のオンプレミス版 - テクマトリックス
NRIセキュア、車両システムのセキュリティ診断サービスを提供
IIJ、ゲートウェイサービスにアイソレーションサービスをオプションで追加
他ローカル環境と分離したブラウジング環境を提供するソフトウェア
富士通BSC、誤送信対策ソフトに添付ファイルの削除機能など追加
日立ソ、SharePoint Online向けに暗号化ソリューション