Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JAバンク岩手のサイトが改ざん - 閲覧でマルウェア感染のおそれ

JAバンク岩手のウェブサイトが一時改ざんされ、閲覧者にマルウェア感染のおそれがあったことがわかった。ウェブサイトはすでに修正されている。

JAバンク岩手によれば、不正アクセスにより、6月9日20時前から翌10日11時過ぎにかけてウェブサイトが改ざんされたという。期間中にウェブサイトを閲覧すると悪意ある外部のサイトへ誘導されるおそれがあった。

問題発覚後、改ざんされた部分を修正。ウェブサイトを管理しているサーバにマルウェア感染がないことを確認後、サイトを再開した。個人情報流出などは確認されていないとしている。また利用者に対して、最新のセキュリティ対策ソフトを用いて、マルウェアへ感染していないか確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイト改ざん、閲覧で別サイトに誘導 - NYKシステムズ
「エコレオンラインショップ」で改ざん - クレカ情報を外部送信
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
最新Wi-Fiセキュ規格「WPA3」に脆弱性「Dragonblood」 - 今後さらなる脆弱性が公表予定
MS月例セキュリティ更新がリリース、脆弱性74件を修正 - 2件でゼロデイ攻撃を確認済み
各務原市の音楽フェスサイトが改ざん被害 - 不正サイトに誘導
GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も
JR東日本「列車運行情報アプリ」用APIサーバに脆弱性 - アプリの削除を
一部サイトが改ざん被害、外部サイトに誘導 - 広島大
「Coinhive」はマルウェアか - ベンダーの意外な対応