Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JAバンク岩手のサイトが改ざん - 閲覧でマルウェア感染のおそれ

JAバンク岩手のウェブサイトが一時改ざんされ、閲覧者にマルウェア感染のおそれがあったことがわかった。ウェブサイトはすでに修正されている。

JAバンク岩手によれば、不正アクセスにより、6月9日20時前から翌10日11時過ぎにかけてウェブサイトが改ざんされたという。期間中にウェブサイトを閲覧すると悪意ある外部のサイトへ誘導されるおそれがあった。

問題発覚後、改ざんされた部分を修正。ウェブサイトを管理しているサーバにマルウェア感染がないことを確認後、サイトを再開した。個人情報流出などは確認されていないとしている。また利用者に対して、最新のセキュリティ対策ソフトを用いて、マルウェアへ感染していないか確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性「SambaCry」狙うマルウェアに警戒を - NASなども標的に
長野県の河川水位情報サイトが改ざん - マルウェア感染の可能性
中小企業の6.2%がサイバー攻撃を経験 - 標的型攻撃が最多、ランサムも
大商、ワンコインのセキュリティ支援サービス - 中小企業向けに提供
東商マート、顧客情報流出の調査結果を報告 - 当初可能性を大幅に下回る規模
香川県立保健医療大のサイトに不正アクセス - 一部が改ざん
MS、月例セキュリティ更新をリリース - 最大深刻度「緊急」18件含む脆弱性96件を修正
「Apache Tomcat」にエラーページが改ざんされる脆弱性 - 修正版がリリース
マクニカと凸版、IoT機器へのセキュアICチップ組込で協業
ランサム「Locky」が活動再開か - Wordファイル入りPDFで拡散