Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JAバンク岩手のサイトが改ざん - 閲覧でマルウェア感染のおそれ

JAバンク岩手のウェブサイトが一時改ざんされ、閲覧者にマルウェア感染のおそれがあったことがわかった。ウェブサイトはすでに修正されている。

JAバンク岩手によれば、不正アクセスにより、6月9日20時前から翌10日11時過ぎにかけてウェブサイトが改ざんされたという。期間中にウェブサイトを閲覧すると悪意ある外部のサイトへ誘導されるおそれがあった。

問題発覚後、改ざんされた部分を修正。ウェブサイトを管理しているサーバにマルウェア感染がないことを確認後、サイトを再開した。個人情報流出などは確認されていないとしている。また利用者に対して、最新のセキュリティ対策ソフトを用いて、マルウェアへ感染していないか確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

GW目前、セキュリティ対策や対応体制の再確認を - 脆弱性公開にも要注意
2017年1Qのインシデントは4856件 - サイト改ざんが41%増
サイトに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - アリアファーム
英語学習サイトが改ざん被害、詳細は調査中 - 利用者に感染チェック呼びかけ
【特別企画】年々巧妙化するネットゲームのチート行為 - 専門家が考える対策とは
1年以上にわたりサイトが改ざん状態、閲覧でマルウェア感染のおそれ - 大阪硝子工業会
4社に3社が過去1年間にインシデントを認知 - 標的型攻撃は8社に1社
改ざんや消去できない法執行機関向けボイスレコーダー - エルモ社
ニッポン放送に不正アクセス、顧客情報5.7万件が漏洩のおそれ - 原因は「Struts 2」脆弱性
「ノートンWiFiプライバシー」の対応プラットフォームが拡充