Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JAバンク岩手のサイトが改ざん - 閲覧でマルウェア感染のおそれ

JAバンク岩手のウェブサイトが一時改ざんされ、閲覧者にマルウェア感染のおそれがあったことがわかった。ウェブサイトはすでに修正されている。

JAバンク岩手によれば、不正アクセスにより、6月9日20時前から翌10日11時過ぎにかけてウェブサイトが改ざんされたという。期間中にウェブサイトを閲覧すると悪意ある外部のサイトへ誘導されるおそれがあった。

問題発覚後、改ざんされた部分を修正。ウェブサイトを管理しているサーバにマルウェア感染がないことを確認後、サイトを再開した。個人情報流出などは確認されていないとしている。また利用者に対して、最新のセキュリティ対策ソフトを用いて、マルウェアへ感染していないか確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ニッポン放送に不正アクセス、顧客情報5.7万件が漏洩のおそれ - 原因は「Struts 2」脆弱性
「ノートンWiFiプライバシー」の対応プラットフォームが拡充
トレンド、無料Wi-Fiの盗聴リスクを低減するアプリ - 時間や通信量制限なし
複数脆弱性を解消した「WordPress 4.7.3」 - セキュリティ以外でも39件を修正
ファイル非改ざんの確認機能やランサム対策を搭載したバックアップソフト
研究室など教育機関でサイト改ざん - 脆弱な野良サイトが多数放置
DNP、アプリの公開時から公開後までセキュリティ機能を高めるサービス
CyberArk製の特権アカウント監視製品を発売 - dit
三重県総合文化センターに不正アクセス、一部サービスを停止
フィッシング啓発サイトの改ざん、原因はPW管理不備 - 再発防止策講じて再開へ