Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「情報処理安全確保支援士試験」が2017年4月にスタート - SC試験は秋試験を最後に廃止へ

「情報処理安全確保支援士試験」が、2017年4月よりスタートする。ベースとなる現行の「情報セキュリティスペシャリスト試験」は、次回の秋期試験で廃止となる予定。

国家資格「情報処理安全確保支援士」の創設を定めた「情報処理促進法」が2016年4月に成立したことを受け、経済産業省の試験ワーキンググループが、2017年度より実施する「情報処理安全確保支援士試験」の具体的な制度設定について検討してきたが、情報処理推進機構(IPA)が同試験制度の具体的な枠組みについて発表したもの。

現行では、「情報処理技術者試験」の枠組み内で「情報セキュリティスペシャリスト試験(SC試験)」を実施しているが、SC試験の内容をベースとし、ほぼ同等の試験レベルを保ちつつ、「情報処理技術者試験」の枠組みとは別に「情報処理安全確保支援士試験」を2017年4月より実施する。

同制度の新設を受け、「SC試験」は、2016年10月に実施する秋期試験を最後に廃止となる。「SC試験」の合格者に関しては、「情報セキュリティアドミニストレータ試験」や「テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)」などの合格者なども含め、情報処理安全確保支援士となることが可能な有資格者となる見込み。

有資格者は、登録簿への登録をもって「情報処理安全確保支援士」となり、定期的な講習の受講が必要。講習を受講しない場合は登録の取り消しや、「情報処理安全確保支援士」の名称が使用ができなくなり、「SC試験合格者」と同等の扱いとなる。

試験や登録に関する手数料、更新に必要な講習などの詳細は、2016年10月末をめどに決定する予定。

20160628_ip_001.jpg
情報処理安全確保支援士制度

(Security NEXT - 2016/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

情報セキュリティ文化賞の受賞者5名を発表 - 情セ大
東大、「情報セキュリティ教育研究センター」設置 - 横断的研究と人材育成を推進
社長との採用面接かけたCTF「即!西本」 - ラック
JNSA、スキル可視化GLのβ版を公開 - 「プラス・セキュリティ人材」にも焦点
2018年秋期セキスペ試験、合格率18.5% - 平均年齢36.8歳
総務省、セキュリティ人材育成で検討会 - 地方での人材確保も焦点に
総務省とイスラエル国家サイバー総局、研究開発や人材育成で協力
NTTコムとFFRI、高度セキュリティ人材の育成で新会社
中小企業向けセキュ人材マッチングサービス「バーチャルCISO」
Carbon Black、日本国内にクラウド運用基盤 - アジア太平洋地域も視野に