Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSの駆除ツール、拡大懸念される不正送金マルウェア「Gozi」に対応

国内において、不正送金マルウェア「Gozi」の検知増加が観測されており、被害拡大を懸念する声が挙がっているが、マイクロソフトは、Windows向けに無償で提供している「悪意のあるソフトウェアの削除ツール(MSRT)」を更新し、同マルウェアへ対応した。

20160616_ms_001.jpg
悪意のあるソフトウェアの削除ツール

「Gozi」は、「Ursnif」「Snifula」「Papras」といった別名でも知られ、オンラインバンキングなどの情報を窃取するマルウェア。キーロガーの機能も備えている。国内において検知数の増加や、感染端末による通信などが観測されており、被害拡大が懸念されている。

マイクロソフトでは、6月の月例セキュリティアップデートにあわせて「悪意のあるソフトウェアの削除ツール(MSRT)」を更新。同マルウェアの検出や、駆除機能を追加した。

同ツールは、月例更新やインシデント発生時など必要に応じてアップデートをリリースしており、「Microsoft Update」「Windows Update」より導入することが可能。アップデート後にバックグラウンドで実行される。また同ツールのダウンロード版では、任意のタイミングで使用でき、月に2回以上のスキャンを行うこともできる。

(Security NEXT - 2016/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人向けESET製品に新版、UEFIスキャン機能など追加
2018年に2121億の攻撃パケット観測 - 23番ポート宛が半減
「Linux」狙う新種マルウェア「SpeakUp」 - 多くの製品で検知すり抜け
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
不正プログラムとウイルスともに検出数が増加 - バックドアが約17倍に
小学校の代表メールが乗っ取り、スパムの踏み台に - 取手市
ホスティングサービスに不正アクセス、約5000サイトが改ざん - 利用者CMS経由でOS侵害
FireEye、メールセキュリティ製品に新版 - リンク置換で保護、BEC対策も
工場生産ラインの制御システムを保護するソリューション - CEC
12月上旬から特定ポート宛てのパケットが増加 - Windowsが発信元、共通の特徴見られず