Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSの駆除ツール、拡大懸念される不正送金マルウェア「Gozi」に対応

国内において、不正送金マルウェア「Gozi」の検知増加が観測されており、被害拡大を懸念する声が挙がっているが、マイクロソフトは、Windows向けに無償で提供している「悪意のあるソフトウェアの削除ツール(MSRT)」を更新し、同マルウェアへ対応した。

20160616_ms_001.jpg
悪意のあるソフトウェアの削除ツール

「Gozi」は、「Ursnif」「Snifula」「Papras」といった別名でも知られ、オンラインバンキングなどの情報を窃取するマルウェア。キーロガーの機能も備えている。国内において検知数の増加や、感染端末による通信などが観測されており、被害拡大が懸念されている。

マイクロソフトでは、6月の月例セキュリティアップデートにあわせて「悪意のあるソフトウェアの削除ツール(MSRT)」を更新。同マルウェアの検出や、駆除機能を追加した。

同ツールは、月例更新やインシデント発生時など必要に応じてアップデートをリリースしており、「Microsoft Update」「Windows Update」より導入することが可能。アップデート後にバックグラウンドで実行される。また同ツールのダウンロード版では、任意のタイミングで使用でき、月に2回以上のスキャンを行うこともできる。

(Security NEXT - 2016/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

仮想通貨発掘マルウェアが侵入、393台に感染拡大 - 甲南学園
2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ
北朝鮮関与のあらたなマルウェア「KEYMARBLE」 - 米政府が注意喚起
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
拡張子「.iqy」ファイルに注意 - 数十万件規模でマルウェアメールが流通
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
「おまえのパスワードはこれだ」と脅すメール - 仮想通貨を要求
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
定例パッチ公開日、盆休みを直撃 - 夏期休暇に備えてセキュリティ対策を