Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「駅すぱあと」でメール誤送信、他利用者の個人情報を記載

経路検索ソフト「駅すぱあと」のサポートセンターでメールの誤送信が発生し、一部利用登録者の個人情報が流出した。

同ソフトの開発会社ヴァル研究所の発表によると、6月1日にアンケートへの協力を依頼するメールを登録者260人に送信した際、送信の作業手順に不手際があり、送信先とは関係ない登録者の氏名や会社名、部署名、登録番号が記載されたという。

同社では対象となる登録者に謝罪。今後はメール送信時の手順を見直し、チェック体制を強化するとしている。

(Security NEXT - 2016/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信でサービス利用者のメアド流出 - 学習塾
お知らせメール誤送信で患者のメアド流出 - 広島の産婦人科
イベント案内メール誤送信、メアドや氏名が流出 - NHK
区民活動センターでメール送信ミス - 横浜市
委託先が研修案内メール誤送信、メアド流出 - 東京観光財団
顧客向け案内メール誤送信 - サムライ・ロック・オーケストラ
誤送信で専門家派遣事業利用者8046人分のメアド流出 - 経産省
メールアドレス確認メールで誤送信 - 神戸市産業振興財団
セミナー案内メール誤送信 - エフティグループ
案内メール誤送信で利用者のメアド流出 - 横浜市の公共施設