Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パナソニックとFFRI、共同でIoTセキュリティを研究

パナソニックとFFRIは、IoT機器のセキュリティ対策で共同研究を開始する。

今回開始する共同研究では、FFRIのサイバーセキュリティのノウハウと、パナソニックのIoT機器関連の技術を応用。具体的な対策技術の研究開発を国内で進め、機器や製造プロセス、運用などに活かす。

具体的には、攻撃者の視点によるセキュリティ分析や現状の把握。解析、対策技術を模索するほか、自動車分野や人材育成の面からも共同で研究を進めるとしている。

(Security NEXT - 2016/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS月例パッチ 、脆弱性74件を修正- 悪用確認済みのゼロデイ脆弱性にも対応
2018年に2121億の攻撃パケット観測 - 23番ポート宛が半減
JSSECら、3月にIoTセキュリティテーマのフォーラムを開催
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
32764番と37215番ポートへのアクセス増 - 複数メーカーのルータ脆弱性狙いか
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
IoT製品のファームウェア用脆弱性調査ツール - ソースコードに非依存
IoT機器でのプライバシーやデータ保護、半数超が追加支出を許容 - 海外調査
IoTセキュリティ、9割が「顧客のために重要」 -脅威をすべて検出できる約3割
家庭用IoTデバイスを保護するセキュリティソリューション - デジオン