Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

無料Wi-Fiスポット検索アプリに複数の脆弱性

無料Wi-Fiスポットを検索できるスマートフォンアプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」 に複数の脆弱性が含まれていたことがわかった。修正版が提供されている。

同製品は、訪日した外国人向けにNTTブロードバンドプラットフォームが提供しているスマートフォンアプリ。iOS版およびAndroid版がリリースされている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、マンインザミドル攻撃(MITM攻撃)により、任意のAPIが実行可能な脆弱性「CVE-2016-4811」が存在するという。さらにURLスキームを使って起動することで、任意のページを表示させる「CVE-2015-5629」に関しても、2015年5月の修正が不十分だったことが判明した。

NTTブロードバンドプラットフォームでは、4月にリリースしたAndroid版の「同1.16.0」で脆弱性を修正。iOSに関しても、4月26日のコンテンツを反映することで脆弱性を解消できるという。

今回の脆弱性は、スプラウトの末房建太氏、塩見友規氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

(Security NEXT - 2016/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
「VMware NSX SD-WAN」にコマンドインジェクションの脆弱性が判明
【続報】「Adobe Acrobat/Reader」の定例外パッチが公開 - 早期適用呼びかけ
開発フレームワーク「Electron」にコード実行の脆弱性
「Photoshop CC」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず