Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンド、ランサムウェア「TeslaCrypt」や「CryptXXX」に対応した無償復号ツール

トレンドマイクロは、マスターキーが公開されたことで注目を集めた「TeslaCrypt」など、2種類のランサムウェアに対応する「ランサムウェア ファイル復号ツール」を無償で提供開始した。

端末利用者の意図に反してファイルを暗号化し、復号を条件に金銭を要求するランサムウェアの被害が出ていることから、復号ツールを提供するもの。同ツールは、同社ウェブサイトから無料でダウンロードすることができる。同様の動きは他ベンダーでも広がっている。

今回同社が提供するツールでは、「TeslaCrypt v1」「同v3」「同v4」と、「CryptXXX v2」に対応。「TeslaCrypt」では、暗号化された場合に、拡張子が「.ECC」「.XXX」「.TTT」「.MP3」「.MICRO」などへ変更される特徴が見られる。また「CryptXXX」では拡張子が「.crypt」に変更されるため、同ツールでは対象と見られるランサムウェアを選択、暗号化されたファイルやファイルが保存されているフォルダを指定することで、復号を行うことができる。

(Security NEXT - 2016/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
北朝鮮悪用のFlash脆弱性、広く悪用される状態に - 海外中心に攻撃が拡大、国内でも
改正「テレワークセキュリティガイドライン」、クラウドやランサムウェアの注意点も
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
【特別企画】脅威トレンドや対策の重要性を経産省伊東氏が解説 - 「WannaCrypt」の特異点も
データ漏洩7割がクラウド設定ミスに起因、ランサム被害は80億ドル超 - IBM調査
播磨町教委の「校務支援システム」に不正アクセス - ランサム感染か