Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンド、ランサムウェア「TeslaCrypt」や「CryptXXX」に対応した無償復号ツール

トレンドマイクロは、マスターキーが公開されたことで注目を集めた「TeslaCrypt」など、2種類のランサムウェアに対応する「ランサムウェア ファイル復号ツール」を無償で提供開始した。

端末利用者の意図に反してファイルを暗号化し、復号を条件に金銭を要求するランサムウェアの被害が出ていることから、復号ツールを提供するもの。同ツールは、同社ウェブサイトから無料でダウンロードすることができる。同様の動きは他ベンダーでも広がっている。

今回同社が提供するツールでは、「TeslaCrypt v1」「同v3」「同v4」と、「CryptXXX v2」に対応。「TeslaCrypt」では、暗号化された場合に、拡張子が「.ECC」「.XXX」「.TTT」「.MP3」「.MICRO」などへ変更される特徴が見られる。また「CryptXXX」では拡張子が「.crypt」に変更されるため、同ツールでは対象と見られるランサムウェアを選択、暗号化されたファイルやファイルが保存されているフォルダを指定することで、復号を行うことができる。

(Security NEXT - 2016/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール管理システムがランサムウェア感染 - 神大
脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に
「WebLogic」の脆弱性、ランサムウェアの標的に
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1
「Coinhive」はマルウェアか - ベンダーの意外な対応
ブラウザの更新通知を偽装する攻撃 - 1700以上の正規サイトに不正スクリプト