Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CTC、米DocuSignの電子署名サービスを提供

伊藤忠テクノソリューションズは、米DocuSignのクラウド型電子署名サービスを提供開始した。

同サービスは、文書への署名、捺印をクラウド上で実現するもの。クラウドサービスへのログインが署名者の本人認証と連動するため、サーバ上に書類をアップロードして承認フローの設定を行うだけで、ウェブブラウザやスマートフォンアプリを通して署名できる。

同社では、既存システムとの連携を含めサービスの導入から保守サポートまで提供。またファイル共有サービス「Box」との連携も可能で、Box上で契約内容の協議や修正、確定から電子署名による契約まで行える。同社では、3年間で6億円の売上を目指すとしている。

(Security NEXT - 2016/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
DNSの運用変更で総務省など注意喚起 - 9月19日までに対応を
法務省複数ソフトのインストーラに脆弱性 - 導入済み環境には影響なし
GoogleとCWI、同一「SHA-1ハッシュ」持つ2種類のPDFを公開 - 衝突攻撃「SHAttered」を実証
日本ネットワークセキュリティ協会、「JNSA賞」の受賞者を発表
サイバートラストら、電子署名で真偽確認できる「トラステッドビーコン」
標的型攻撃メールには「三位一体対策」を - IPA