Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、金融機関向けにCSIRTの共同トレーニングサービス

NECは、金融機関を対象に、コンピュータインシデントレスポンスチーム(CSIRT)のメンバーを育成するトレーニングサービスを提供開始した。

同サービスは、2年間のカリキュラムを通じてCSIRTの運営に必要な知識について研修する金融機関向けサービス。インシデント対応やCTF、マルウェア感染など、模擬体験を中心とした実践的な演習を実施する。またインシデント発生時には、初動対応のアドバイスなども提供する。

具体的には、仮想組織におけるCSIRTのメンバーとして、サイバー攻撃の発見から対処、報告までの一連の対応を模擬体験によって習得するトレーニングを、半期ごとに4回実施。最新の攻撃手法や、CSIRT運営に必要な証跡保全、パケット取得、ログ解析などに関する知識を講義、演習形式で学ぶ研修を四半期ごとに8回実施する。

価格は、10金融機関で共同実施の場合、1金融機関あたり2年間で324万円。同社では今後3年間で、50金融機関での実施を目指している。

(Security NEXT - 2016/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NTT-ATら、CSIRT向けに会員制サービス - サイバー保険も付帯
機械学習とOSSを活用したSIEMソリューション - GRCS
DTRSとDNP、人材育成プログラムにインシデント対応メニュー - サイバーレンジを活用
ソフバンテク、CSIRT早期構築を支援するサービス
SOCやCSIRTなど「セキュリティ対応組織」向け教科書に第2版
カードゲーム「セキュ狼」が販売再開、感染端末発見ゲームも
売り切れだった「セキュリティ専門家 人狼」、増刷に向けてアンケート
CSIRTのワークフロー管理を支援するクラウドアプリ - NANAROQ
NTT Com、CSIRTの支援サービス - 脅威情報収集や分析をサポート
NTT-ATとdit、サイバーセキュリティ分野で協業