Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員が住基システムで個人情報を業務外閲覧 - 大阪市

大阪市東成区の職員が、業務とは関係なく住民基本台帳システムを使用し、住民2人の個人情報を15回にわたって閲覧していたことがわかった。

同市によると、住民基本台帳システムにおけるアクセスログの個人情報開示請求が4月に提出されたのを受け、請求人を含む住民2人のアクセスログを確認したところ、同職員が2人の住民情報を閲覧していたことが明らかになった。

その後の調査で、業務とは関係のない閲覧だったことが判明。2015年11月12日から2016年4月4日にかけて、15回わたり行われていた。職員は、第三者への漏洩については否定しているという。

同市では、同職員をシステム運用の担当から外した。ほかにも業務外閲覧がないか調査し、関係部署と協議のうえ、厳正に処分するとしている。

お詫びと訂正:本記事初出時のタイトルに誤りがあり、修正いたしました。読者、関係者のみなさまにお詫びし、訂正いたします。

(Security NEXT - 2016/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

転居先住所を本人の意志に反して提供 - 仙台市
業務外で閲覧した個人情報を知人に提供、職員を処分 - 唐津市
設定ミスでマイナンバーを住民票へ誤記載 - 取手市
案内状の宛名ラベルに性別と生年月日、指示ミスで - 宮代町
職員が住基台帳や課税台帳などデータ18万件を持出 - 西原村
総務省、年金機構の類似攻撃を再点検 - 住基ネットの安全を確認
児童手当通知書の裏面に第三者の住民基本台帳情報 - 泉南市
職員がタレントの個人情報を住基ネットで閲覧 - 生駒市
ベネッセ顧客情報流出で名簿業者「風評被害受けている」 - コメントとサイトの記載に食い違いも
個人情報を不正に閲覧、知人に漏洩した職員を懲戒処分 - 船橋市