Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IEゼロデイ脆弱性、韓国の標的型攻撃で悪用

マイクロソフトが5月に公開した月例セキュリティ更新で修正された「Internet Explorer」の脆弱性が、韓国における標的型攻撃で悪用されていたことがわかった。

問題の脆弱性「CVE-2016-0189」は、スクリプトエンジンにおいてメモリ破壊が生じる脆弱性。5月のセキュリティ更新として「Internet Explorer」向けに公開された「MS16-051」、および「JScript」および「VBScript」の累積的な脆弱性に対処した「MS16-053」で修正されている。

同脆弱性について米Symantecによれば、今回の修正より以前に、韓国でゼロデイ攻撃に利用されていたという。メールに埋め込んだリンクからウェブサイトへ誘導したり、水飲み場攻撃によって悪用されたと見られている。

誘導先で細工されたJavaScriptにより、訪問したユーザーの端末環境をチェックして外部へ情報を送信。VBScriptに埋め込まれたエクスプロイトにより、韓国企業の正規サイトより悪意あるファイルをダウンロードしていた。最終的にインストールされたマルウェアは現時点でわかっていないとしている。

(Security NEXT - 2016/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
Google、「Windows 10」のゼロデイ脆弱性を公開 - セキュリティ機能をバイパス
IEに未修正の脆弱性、APT攻撃に悪用との指摘
スマート電球など身近な複数IoT機器に脆弱性 - ファームウェアの確認を
「Drupal」に深刻な脆弱性、アップデートが準備中 - 攻撃コードに警戒を
Flashゼロデイ脆弱性に北朝鮮関与 - 11月中旬より悪用
MS、ブラウザ同梱版「Flash Player」向けに定例外更新
Adobe、Flashゼロデイ脆弱性に対処した定例外更新をリリース - できる限り早急に更新を