Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ImageMagick」がさらなる更新をリリース

画像処理に用いられるオープンソースソフト「ImageMagick」に深刻な脆弱性「ImageTragick」が見つかった問題で、ImageMagick Studioは、あらたに「同6.9.4-0」および「同7.0.1-2」を公開した。

問題の脆弱性は、コマンドの実行が可能となる脆弱性「CVE-2016-3714」。別名「ImageTragick」としてしても知られる。遠隔より悪用が可能であり、すでに攻撃が確認されている。開発者はアップデートとともに、設定による緩和策の実施をアナウンスしていた。

同社では、4月30日に脆弱性へ対処する「同6.9.3-9」を公開。さらに5月4日に「同7.0.1-1」「同6.9.3-10」をリリースしているが、さらに「同6.9.4-0」「同7.0.1-2」を公開。HTTPSパラメータに対するサニタイズ処理で、「HTTPSコーダー」の安全を高めたという。

また、あらたなポリシーをサポートし、間接的な読み込みを防止。読み込むスクリプトを明示的にしたほか、内部のコーダー「EPHEMERAL」のサポートを中止したとしている。

ImageMagick Studioによる変更点のログ
ImageMagick Studioによる変更点のログ

(Security NEXT - 2016/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正