Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ImageMagick」に深刻な脆弱性「ImageTragick」 - すでに攻撃も

画像処理に用いられるオープンソースソフト「ImageMagick」に深刻な脆弱性「ImageTragick」など、複数の脆弱性が確認された。同ライブラリを利用する製品も多く、すでに攻撃が行われており、開発チームやセキュリティ機関が注意を呼びかけている。

「ImageTragick」のロゴ
「ImageTragick」のロゴ

画像処理で利用するデコーダーに複数の脆弱性が含まれていることが明らかになったもの。バグ発見プログラムに参加する露Mail.Ruのセキュリティチームが、複数の研究者より報告を受けた。

問題の脆弱性は、外部ライブラリを用いる機能において、入力値をチェックしておらず、コマンドの実行が可能となる脆弱性「CVE-2016-3714」。遠隔より攻撃を受けるおそれがあり、すでに攻撃が確認されている。

脆弱性について広く認知を得るためとし、「ImageTragick」との別名がつけられたほか、専用サイトやTwitterアカウントが立ち上げられている。また何者かが冗談で作成したロゴを設定したという。

さらにHTTPの「GETリクエスト」や「FTPリクエスト」を偽装できる「サーバサイドリクエストフォージェリ(SSRF)」の脆弱性「CVE-2016-3718」が含まれるほか、ファイル削除が可能となる「CVE-2016-3715」や、ファイルを移動される「CVE-2016-3716」、ローカルファイルが漏洩するおそれがある「CVE-2016-3717」なども判明している。

開発チームは、4月30日に脆弱性へ対処する「同6.9.3-9」をリリースしたが、修正が不完全だったという。現在は最新版となる「同7.0.1-1」「同6.9.3-10」を公開。攻撃を防ぐための緩和策についてもアナウンスし、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/05/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正