Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本発セキュリティ会議「CODE BLUE」が10月に開催 - CFPを開始

2016年10月20日、21日に都内でセキュリティ国際カンファレンス「CODE BLUE」が開催される。投稿論文の募集を開始している。

20160509_cb_001.jpg

同イベントは、今回で第4回目を迎える国内発のセキュリティカンファレンス。2015年10月に開催された前回は、12カ国から600人以上が参加した。

今回、同イベントで発表する論文の応募受付を開始したもの。基本となる講演時間は「60分」で、一部ショートセッションは20〜30分となる予定。また満24歳以下を対象とするU25講演枠も用意するとしている。

応募は、英語あるいは日本語で受け付ける。締め切りは、2016年8月10日を予定しているが、早期に締め切りとなる場合がある。詳細は同カンファレンスのウェブサイトから。

お詫びと訂正:本記事初出時の記載について、開催日の記載に誤りがありました。正しくは、「2016年10月20日、21日」となります。ご迷惑をおかけした読者、関係者のみなさまにお詫びし、訂正いたします。

(Security NEXT - 2016/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IoTセキュリティがテーマのセミナーイベントを開催 - JNSA
「Security Days Spring 2018」を全国4カ所で開催 - 事前登録を受付
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
セキュリティ国際会議「CODE BLUE 2017」が開催中 - 論文採択率は約2割
イスラエル発の国際会議が国内初開催 - 軍関わる同国エコシステムの日本版に向けて議論
JPCERT/CC、都内でアナリスト向けのカンファレンスイベント
「CRYPTRECシンポジウム2017」が12月に開催
「CODE BLUE 2017」の全22講演が決定
攻殻機動隊コラボの女性限定CTF、「CODE BLUE」で開催
「Security Days Fall 2017」を9月に開催 - 併催含め100講演以上