Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数の脆弱性を解消した「WordPress 4.5.2」がリリース

コンテンツマネジメントシステム(CMS)であるWordPressの開発チームは、複数の脆弱性を修正したセキュリティリリース「WordPress 4.5.2」をリリースした。アップデートを強く推奨している。

サードパーティ製のライブラリに関する複数の脆弱性へ対応したもの。ファイルのアップロードに用いる「Plupload」における同一生成元メソッド実行(SOME)の脆弱性「CVE-2016-4566」や、「MediaElement.js」における反射型クロスサイトスクリプティング(Reflected XSS)の脆弱性「CVE-2016-4567」を解消した。

これら脆弱性は、Masato Kinugawa氏や独Cure53のMario Heiderich氏、File Descriptor氏より報告されたものだという。最新版はダウンロードより入手できるほか、ダッシュボードよりアップデートや、バックグラウンドによる自動更新による提供も開始している。開発チームは、早急にアップデートを実施するよう強く推奨している。

(Security NEXT - 2016/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

WP向けスペルチェックプラグインにCSRFの脆弱性
「BlueKeep」など既知RDP脆弱性狙う攻撃に注意 - パッチ適用の徹底を
ワーム悪用懸念の脆弱性を含む端末が95万台弱
「WhatsApp」だけではない、Android向けGIF処理ライブラリの脆弱性に注意
トレンドマイクロ「Deep Security」など複数製品に脆弱性
WordPress向けプラグイン「Jetpack」に脆弱性
全文検索システム「Apache Solr」に脆弱性 - ゼロデイ攻撃のおそれも
PHP脆弱性狙うランサム攻撃「NextCry」が発生
「Docker」の既知脆弱性にPoC - 影響大きく更新状態の確認を
Android版「Outlook」に定例外セキュリティ更新