Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

都が中小企業向けに相談窓口 - 支援ネットワーク「Tcyss」を設立

東京都は、中小企業向けにサイバーセキュリティに関する相談窓口を設置した。また「東京中小企業サイバーセキュリティ支援ネットワーク(Tcyss)」をあわせて設立している。

今回設置した相談窓口は、2015年12月25日に警視庁や中小企業支援機関5団体と締結した協定にもとづくもの。都内の中小企業者などを対象に、情報セキュリティ対策の強化や情報流出事案に関する相談へ対応する。窓口や電話、ウェブサイトのフォームで受け付ける。

また都は、中小企業のサイバーセキュリティ対策の強化を支援する目的で、警視庁や東京商工会議所、東京都商工会議所連合会、東京都商工会連合会、東京都中小企業団体中央会、東京都中小企業振興公社の5団体のほか、セキュリティ関連機関、弁護士、研究者、関連ベンダーなどと連携。あらたに「東京中小企業サイバーセキュリティ支援ネットワーク(Tokyo Cyber Security Support network for small and medium enterprises)」を設置した。

相談窓口へ寄せられた内容によっては、「Tcyss」で連携して対応を進めるほか、サイバーセキュリティの啓発活動や情報共有、インシデント発生時の相互連携などを展開する。

(Security NEXT - 2016/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
不正ログインの被害相談、直近5カ月で104件 - IPAが対策呼びかけ
「ランサムウェア」被害、低水準ながら依然発生中
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
特定電子メール法違反で行政処分 - 杉並区のウェブ運営会社に
東京都、ガイドブック「中小企業向けサイバーセキュリティ対策の極意」を配布
標的型攻撃の相談は減少するも緊急レスキュー支援は増加
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
2017年上半期のサイバー犯罪検挙数は4209件 - 仮想通貨の不正送金被害も
実在組織名用いたメール攻撃訓練でトラブルのおそれも - IPAが注意喚起