Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

都が中小企業向けに相談窓口 - 支援ネットワーク「Tcyss」を設立

東京都は、中小企業向けにサイバーセキュリティに関する相談窓口を設置した。また「東京中小企業サイバーセキュリティ支援ネットワーク(Tcyss)」をあわせて設立している。

今回設置した相談窓口は、2015年12月25日に警視庁や中小企業支援機関5団体と締結した協定にもとづくもの。都内の中小企業者などを対象に、情報セキュリティ対策の強化や情報流出事案に関する相談へ対応する。窓口や電話、ウェブサイトのフォームで受け付ける。

また都は、中小企業のサイバーセキュリティ対策の強化を支援する目的で、警視庁や東京商工会議所、東京都商工会議所連合会、東京都商工会連合会、東京都中小企業団体中央会、東京都中小企業振興公社の5団体のほか、セキュリティ関連機関、弁護士、研究者、関連ベンダーなどと連携。あらたに「東京中小企業サイバーセキュリティ支援ネットワーク(Tokyo Cyber Security Support network for small and medium enterprises)」を設置した。

相談窓口へ寄せられた内容によっては、「Tcyss」で連携して対応を進めるほか、サイバーセキュリティの啓発活動や情報共有、インシデント発生時の相互連携などを展開する。

(Security NEXT - 2016/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
他利用者に騙されウイルス感染、偽運営者によるアカウント詐取 - IPAがネットゲーム利用者へ注意喚起
中学生の3人に1人、詐欺サイトへの誘導経験 - 8割は親に相談せず
「不正ログイン」の相談、前四半期比66.2%増 - 調査開始以降最多
社長との採用面接かけたCTF「即!西本」 - ラック
2018年の「架空請求」に関する相談は約23万件 - 封書を使う手口も
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
2018年度上半期の標的型攻撃相談155件 - 添付ファイル暗号化、PW別送の手口に注意
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
上半期のサイバー犯罪検挙、4183件 - 仮想通貨の不正送金が大幅増