Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

使用済みスマホ、約6割がそのまま保有 - 約2割が業者へ売却

過去に使用していた携帯電話やスマートフォンについて、59.9%がそのまま保有していることがわかった。一方、通信事業者へ下取りに出したり、買取店へ売却したとの回答も約2割にのぼる。

MMD研究所が実施した「2016年中古端末に関する購買動向調査」で明らかになったもの。15歳以上の男女2213人に、現在所有している携帯電話またはスマートフォンについて聞いた。

携帯電話やスマートフォンを利用している15歳以上の男女2056人に、以前使用していた携帯電話やスマートフォンの処置について聞くと、「そのまま持っている」が59.9%で最多。

「通信業者の下取りプランにだした」が16.9%で次いで多く、「中古買取店に買い取ってもらった(3.6%)」「廃棄業者で処分した(3.6%)」「オークションやフリマアプリなどで売った(2%)」が続いた。

また中古端末の利用率は2.7%。一方、中古で端末を購入したという回答者を除いた1996人のうち、中古端末の購入に「抵抗がある」と答えたのは43.7%で、「やや抵抗がある」の34%とあわせると、77.7%が中古端末に抵抗感を感じていた。

今後中古で端末を購入したいか聞いたところ、11.1%が「やや購入したい」「とても購入したい」と答えた。格安SIM利用者に限定すると、購入意欲がある人は16%と4.9ポイント高かった。

(Security NEXT - 2016/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
事業者やネット利用者向けのフィッシングGLを改定 - フィ対協
2020年1Qの脆弱性届け出は263件 - ウェブサイト関連が倍増
約7割が通常出社、在宅対応できないケースも少なくなく
政府の「インターネットの安全・安心ハンドブック」がバージョンアップ
テレワークの課題は社内体制と設備、セキュリティ - 都内企業
シニアの25%がフィッシングに遭遇 - 4割強が相談相手いない
セキュリティ啓発動画コンテストの結果を発表 - トレンド
JSSEC、IoT利用動向の調査結果を発表 - 「IoTチェックシート」改訂版も
【追記あり】JSSEC、「セキュリティフォーラム2020」を3月に開催