Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDL、医療系ソフトを対象としたハッキングコンテストを開催

神戸デジタル・ラボは、ヒューマンスピリッツと共同で、医療系ソフトウェアを対象としたハッキングコンテスト「医療セキュリティハッキングコンテスト 2016」を、5月28日、29日に開催する。

同イベントは、ソフトウェアメーカーの協力のもと、実際に使われている医療系ソフトウェアを用意。主催者が用意した仮想マシンで動作させ、参加者はLAN環境から解析を行う。

CVSSを基準に影響や実際の攻撃シナリオを加味してスコアリングし、勝利者を決定する。終了後は解析結果を統計資料として公開するとしており、医療系ソフトウェアにおけるセキュリティ対策の啓発を目指す。

参加対象者は高校生以上で、個人またはチームでの参加が可能。会場は神戸市所在の同社セミナールーム。定員は30人で、申込者多数の場合は抽選となる。詳細は同社サイトを参照のこと。

(Security NEXT - 2016/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新元号到来をCTFで迎える「令和CTF」が緊急開催
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
SECCON優勝チーム所属の東大生サークルがCTFを開催
メール誤送信でコンテスト応募者のメアド流出 - 公募ガイド
「約ネバ」とタイアップイベント、3月に都内で開催 - NISC
「SECCON CTF 2018」東大学生チームが優勝 - 日本チームが上位独占
アキバで「SECCON 2018」が開催中 - 親子で楽しめるコンテンツも
「サイバーセキュリティ」テーマの小説コンテスト、大賞決定
1月に「個人情報保護法シンポジウム」が都内で開催
医療分野に特化したハッキングコンテスト - 脆弱性32件を発見