Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows版「QuickTime」のサポート終了、映像製作現場に影響

Windows版「QuickTime」について、脆弱性が修正される見込みがないことが判明し、セキュリティ機関などがアンインストールを呼びかけているが、今回突如浮上した「サポート終了」問題により、「Apple ProRes」を利用する映像の制作現場などに影響が出ている模様だ。

ビデオ制作やポストプロダクションの現場などで、Mac OS XとWindows間のデータ受け渡しなどで「Apple ProRes」コーデックが利用されているが、Adobe Systemsによれば、Windowsにおけるデコードは、「QuickTime」へ依存している状況だという。

また「アニメーション」コーデックにおけるインポートおよびエクスポート、「DNxHD/HR」についても書き出しに「QuickTime」が必要とされている。同社では、「Apple ProRes」のネイティブ対応に向けた作業を進めているとしており、引き続き情報を提供していくという。

「QuickTime」に関しては、複数の脆弱性が存在することが判明。悪用の報告はないものの、今後サイバー攻撃などに利用されるおそれがある。

いずれの脆弱性もTippingPointのZero Day Initiative(ZDI)が、2015年11月に脆弱性を報告したが、以降も修正されず、Appleからは修正しないとの回答が寄せられ、アンインストールを推奨するページが案内されたという。

(Security NEXT - 2016/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Intelのリモート管理機能に複数の脆弱性 - リモートからコード実行のおそれ
NTT東の一部「光ポータブル」にDNSキャッシュ汚染のおそれ - サポート終了で修正実施せず
シマンテックの管理製品に脆弱性 - リモートより攻撃受けるおそれ
「Windows 8」以降で本来の脆弱性保護が発揮できないケースが判明 - 「EMET」などが裏目に
「VMware NSX for vSphere」にXSSの脆弱性 - 情報漏洩のおそれ
「VMware Workstation」「Fusion」に深刻な脆弱性 - 更新がリリース
「Oracle Tuxedo」に深刻な脆弱性 - 更新を強く推奨
シャープのロボット掃除機「COCOROBO」に脆弱性 - 不正操作のおそれ
Symantecのエンドポイント製品「SEP」に脆弱性
Cisco UCMなどのアップグレード機能に深刻な脆弱性