Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

震災被害や被災者への親切心につけこむ悪質商法へ注意喚起 - 国民生活センター

国民生活センターは、熊本地震の発生を受けて、災害へ便乗する悪質商法などへ注意するよう呼びかている。

これまでも「被災地支援」に見せかけた悪質商法によるトラブルが発生していることから、あらためて注意喚起したもの。競馬情報提供サイトへ誘導するスパムメールをはじめ、「震災関係のアンケートに答えてほしい」など騙し、個人情報を収集するメールや電話も発生している。

また被災者に対し、震災で壊れた屋根の見積もり依頼や、無料の応急処置のはずが、いきなり業者から料金が請求されたり、また被災者への親切心につけこみ、投資へ勧誘するなど、悪質商法によるトラブルが発生する可能性があるとして注意を呼びかけている。

また被災地への義援金に関しては、信頼できる団体へ送り、指定された振込口座が団体の正規な口座であるか確認するよう求めている。

(Security NEXT - 2016/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

注目事件へ便乗するマルウェアメールに注意を - 「WannaCrypt」騒ぎにも便乗か
危機管理ソリューション市場、2021年度には1兆円超に拡大
5人に1人、個人情報漏洩が不安 - 前年度から大きく改善
消防団で要援護者名簿が所在不明 - 熊本市
熊本地震の便乗メールに注意 - ワンクリック詐欺など発生
米国でも災害便乗のサイバー攻撃に警戒強まる - 日本やエクアドルでの地震発生受けて
【熊本地震】募金装う振り込め詐欺に注意 - 「親類全体で義援金送る」と騙す手口も
災害の支援活動を行う「IT DART」が九州へ隊員を派遣
【熊本地震】IPA、熊本県内における情報処理技術者試験を中止に
【熊本地震】IPA、九州地域での情報処理技術者試験について対応検討