Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「第25回まんが甲子園」、2016年テーマに「情報流出」

まんが王国・土佐推進協議会は、マンガコンクール「第25回全国高等学校漫画選手権大会(まんが甲子園)」の予選テーマを発表した。

同大会は、全国の高校生を対象としたマンガのコンクール。毎年出題されたテーマに沿って1枚の紙にまんがを描くもので、1992年にスタートし、今回の2016年大会で25回目を迎える。予選テーマは「情報流出」と「○○ロス」。どちらかひとつをテーマとして選択する。今回は韓国および台湾からも予選作品を募集し、各国から1校が本戦大会に参加できる。

予選作品の応募締切日は6月9日当日消印有効。6月22日に高知市内で予選審査会を行い、本戦大会進出校を選出。8月6日と7日に本戦を開催し、最優秀賞など各賞を決定する。

(Security NEXT - 2016/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
若年層向け人材育成プログラム「SecHack365 2019」が始動 - 参加者募集を開始
個人向けESET製品に新版、UEFIスキャン機能など追加
若年層向けセキュリティ啓発コンクール、標語やマンガなど受賞作品が決定
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
「CODE BLUE」カンファレンスが開幕、1100人以上が参加 - 法律やブロックチェーンの講演にも注目
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
CODE BLUE、今秋開催に向けてCFP開始 - 経済学、心理学面からの論文も歓迎
【特別企画】アンケートから見えたスマホネイティブ若年層の課題 - 専門家が報告